Btn appstore Btn googleplay
51p2atwkdsl

熱気球の滞空時間と飛行距離で世界記録を樹立、ヒマラヤ8000m峰越えも達成した日本人がいた。その名は神田道夫。2008年に自作の熱気球で太平洋単独横断に挑... 続き

コメント

この物語がノンフィクションだということに、ただただ驚かされる。生死の境を見続けて人が、髪に着目したのもおもしろい。石川さんの眼はどこまでも冷静です。

海に漂着した時のもう終わると思った諦めた感情は、本当に死を覚悟した絶望の先の気持ちだっと思う。
アマチュア冒険家の神田さん、自分の付近にいる人だったら最後の太平洋横断の時、なんと声をかけただろうかと考えてしまった。

冒険家界のそうそうたる顔ぶれの登場にわくわくした。

気球とともに数々の冒険に挑戦した神田道夫。太平洋へ旅立ち、消息を絶った。仲間に半ば飽きられながらも愛された一途な姿に胸を打たれる。ちょっと道に迷った時にオススメの一冊。

読者

5da99c02 fdfe 4bcc b4d9 4fad765a56c03541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d5079944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e23548D9a82045 dfe9 4fc1 8423 7e2a73a0e84025c347bd 78c2 4182 91d5 959df070dcaa51874f89 4f9e 4dfc ac8b 5afe88c14f826db05130 c821 4387 a037 bd04ec6611131c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0 8人

石川直樹の本

極北へ

極北へ

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

石川直樹さん、写真家として記憶してたけど、とんでもない冒険家だった。 アラスカにグリーンランド、北極と極寒の地でカヌーしたり、登攀した時のエッセイ マイナス30度や白夜は想像するしかないけど、今も極北では当たり前にその生活をしている人たちがいる事を知れてよかった。

4か月前

ぼくの道具

ぼくの道具

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

蘊蓄ありきのモノ語りで無く、実践に即した内容。なのでTシャツ、パーカは気分転換等の潔さ。テント内図解は子どもの頃読んだ秘密基地図解の趣。ポメラが電力のない場所でいかに便利か知ったのは本書から。 「ポメラは書くことに特化された道具なので、物書き系の仕事をしている人に特にお勧めである。利点は、乾電池2本だけでかなりの長時間動いてくれること。ヒマラヤでは2ヶ月間日記を書き続けたが、ほとんど電池交換の必要はなかったカラー液晶がなく、白黒のシンプルな画面なので、それによって電池の消費がおさえられている。また国語辞典と英和.和英辞典がついているので、それだけでも便利だった。海外では英語で困ることも多々あるわけでポメラがあれば、あらためて電子辞書などを持っていく必要がないし、ネットで調べられない状況でも使える」P72 *なお現行モデルではリチウム電池に変更。 カバーを外すとフルカラーのK2。弩級!

約4年前

36
全ての装備を知恵に置き換えること

全ての装備を知恵に置き換えること

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋から転職 書店員見習い中

読み始めて数ページで この人はとても美しい日本語を持っている人だなと思った 「全ての装備を知恵に置き換えること」 なんて素敵な言葉だろう 単純な私は感化されて、今すぐ旅に出たくなってしまう

4年前

15
最後の冒険家

最後の冒険家

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

熱気球で太平洋横断を志し、その途上で消息を絶った神田道夫。彼と過ごした四年半を石川直樹が記録する。空で、海で、自分の死を恐れ命に執着する瞬間が生々しく記録されている。石川直樹の文章は確かな足跡を彷彿とさせるから好きだ。

約6年前