51%2bl3s2vyvl

コメント

P81 苦痛は、いつになったら人生がふたたび耐えられるものにもどるだろうか、と疑いたくなるほど長くつづく。だが、快楽は、踏みつけられたクチナシの花とおなじように急速に色褪せ、記憶はその甘い香りをむなしくさぐる。

読者

B9c44fb7 ce7a 4f0a 90d4 9e7900cee825

ジョージ・アレック・エフィンジャーの本

51f1gx4stll
60962e41 c4e4 4c4b 9649 95db4ae2f8f0

たた@

ぐうたら生きてる趣味人です

ここウィネ。悲しくて不思議なタイムトラベルもので大好きなんですが、みなさんもどうです?

2年前