416vql9k4wl

持ち主の居所や生死が判明しない土地の「所有者不明化」。この問題が農村から都市に広がっている。空き家、耕作放棄地問題の本質であり、人口増前提だった日本の土地... 続き

コメント

経済は右肩上がり、人口も増える一方。そんな時代の土地制度が、人口減少時代に入り、実情にそぐわなくなって来ている。

価値がなくなり相続されない土地、所有者が分からない土地は、現在九州の面積を超える広さにまで、増加している。

本書では、土地の所有者を記録する登記簿と、土地の利用状況を記録する地籍調査。もともと別々のものとして始まった制度が、戦後になって統合されたことによる不備を指摘。
併せて、現代社会では、更に制度の歪みが広がっている事を示していく。

戸籍と登記簿はリンクしていないため、所有者が別の自治体に居住している場合、亡くなってもそれを当の自治体は知ることが出来ないというのは、さすがに何とかならんものかと、、、

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

社会

言ってはいけない 残酷すぎる真実

言ってはいけない 残酷すぎる真実

E122ddc3 2781 4133 9d68 2d33ce03ba6d

ゆうはるあさ

妻と3人の息子と田舎暮らし 息子…

『子育てや教育は子どもの成長に関係しない』 3人の子を育てる親として衝撃的な内容だった。 人間は都合の悪い情報を取り入れようとしない。 社会にとって都合の悪い内容が書かれている。 書かれている内容のすべてを信じるわけではないが 納得できる内容も多い。 とは言っても、親として子どもにできる限りのことはしてあげたい。

13日前

E7194f9e f6a9 455c 821a a6aa4438b022Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a2735934bab d113 451f ae9a 9af0f7411caf 46
日本を殺すのは、誰よ!

日本を殺すのは、誰よ!

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

「A I vs.教科書が読めない子どもたち」が面白かったので、その後に出された本を読みました。 新しい時代に合わせた企業のあり方、作者お二人が関わった地方再生の話など、実例があげられていて興味深いものでした。

18日前

労働法入門

労働法入門

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

この新書は2011年の初版だから、働き方改革など世の中は移り変わっていて、現在ではそぐわないことも多々ある。 しかし。働くことは、労働者はどんな法律で守られているのか、雇用者はどんな法律の上で雇うのか、そしてそれがどんな風に社会を支えているのか、一度は読みたい本だ。

20日前