416vql9k4wl

持ち主の居所や生死が判明しない土地の「所有者不明化」。この問題が農村から都市に広がっている。空き家、耕作放棄地問題の本質であり、人口増前提だった日本の土地... 続き

コメント

経済は右肩上がり、人口も増える一方。そんな時代の土地制度が、人口減少時代に入り、実情にそぐわなくなって来ている。

価値がなくなり相続されない土地、所有者が分からない土地は、現在九州の面積を超える広さにまで、増加している。

本書では、土地の所有者を記録する登記簿と、土地の利用状況を記録する地籍調査。もともと別々のものとして始まった制度が、戦後になって統合されたことによる不備を指摘。
併せて、現代社会では、更に制度の歪みが広がっている事を示していく。

戸籍と登記簿はリンクしていないため、所有者が別の自治体に居住している場合、亡くなってもそれを当の自治体は知ることが出来ないというのは、さすがに何とかならんものかと、、、

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

社会

人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点

人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

価値と使用価値の違いや自己内利益といったキーワードを用いながら、働き方(生き方)について分かりやすく説明されていた。 どのような生き方が自分に合っているのか、これまでの自分の経験と照らし合わせながら自然と読み進めていた。 自分の仕事を見つめ直すチャンスをくれる本。

7日前

Cb52a2ca af51 4f45 9431 e2e2f11d48e816720404 a505 4f1a aa00 70f1e705bf57Icon user placeholder