412bgr15gol

常磐線の車内で被災した25歳の女性作家。そこへ襲った津波、そして原発事故-。情報も食べ物も帰るすべもないまま、死を覚悟して被災地をさまよった5日間。「あの... 続き

コメント

東日本大震災に遭遇した著者のノンフィクションです。この経験を元に「やがて海へと届く」を上梓したのでしょう。
被災地のためになにかできないか、被災していない人たちに何か伝えられないかという事と、放射線への恐怖から自分も被災者を差別しているのではないかという葛藤が伝わってきます。
被災地支援のため、合計3カ月間ほど現地に行きましたが、発災直後の状況は語り継いでいくべきものだと思います。記憶が薄れかけている今だからこそ、多くの人に読んでもらいたい一冊です。

読者

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184784ba7db bc78 41aa 91bb beafcb7125ab4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160 4人

彩瀬まるの本

珠玉

珠玉

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「本物」という言葉が頻繁に出てきて、歩やジョージを悩ませ縛り付ける。 リサと繋がる真珠がストーリーテラーなのが奇抜だったが、これにもちゃんと仕掛けがあってーー。 後半、歩がジョージに思いを伝える台詞が好きだ、こんな言葉がひとを救うのだろう。

8か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab670c563132 de53 41d1 9cfc c3d51d78b254C754595a 5f38 474f 9b4f a8132cb5904f