41apaqgrdil

詩に惹かれる女子中学生・ミナコと女性教師・坂口が交わした、不器用な愛と友情。-孤独な心を未来へ渡す、希望の長篇。 続き

コメント

小池昌代さんの詩を一編よんだ後に見た小説

エッセイ的な本や詩の解説などの文章を見ると手書きの直線の様なまっすぐな文と鉛の様に重くズシンとくる言葉を紡いでいる人で、この人は文章を書く人ではなく言葉を書く人なんだとその時感じました。

そんな方が書いた中学校が舞台のこの小説は、文章ではあるけど詩で構成されている文。というのが印象で、身体の外部的な動きは少なく内部的つまり出てくる人々の精神的な部分が色濃く描かれていて場面を想像する時の描写がスローな映像、もしくは写真の様な感覚でした。

描かれている人のまっすぐな気持ちが独特の言葉の表現で表されていて重くのしかかる部分もありますが身軽な感じもあり、それが雪の様な小説でした。
そう、何故か透明ではなく少し濁った白い雪の様な。

読者

3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50

小池昌代の本

ことば汁

ことば汁

3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50

diablona235

本読み初心者 http://c…

前回読んだ小池昌代さんの内容とは打って変わって 少し怖さ(恐怖とは違う)と激しさ、そして空を見つめる様な悲しさに似た気持ちを感じられる短編集でした。 ホッコリするような内容では無いけど何かココロに引っかかる事を刻んでくれる本でした。

9か月前

通勤電車でよむ詩集

通勤電車でよむ詩集

3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50

diablona235

本読み初心者 http://c…

まさしく通勤途中に読んでいました。 人混みの中で周りをシャットアウト出来る本で、 しかもこんなに色々な詩を見れて楽しかった。 お気に入りの詩も見つけられました。、

10か月前

Icon user placeholderF157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798bFf847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a 24
建築と言葉 ---日常を設計するまなざし

建築と言葉 ---日常を設計するまなざし

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

ため息といき

本と映画と旅がすきです

「毎日接している日常の環境に閉じこめられないように、そこにあるものがそうであること以外の何かへ繋がっていることを言葉にしていく」 建築家と詩人の対談本。あえてバランスを崩す、連想する、目的を置き換えるなど、両者に共通する(建築をつくるための/詩をかくための)手法がいくつかあるようだ。これらの手法は、閉塞した日常から脱出するための手法として敷衍できると思った。日常というものを改めて考えさせられる1冊。

約1年前