41sb13trhvl

死んじゃってもいいかなあ、もう…。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして-自分と同い歳の父親に出逢った... 続き

コメント

話題になって何年もしてドラマもとっくに終わって、今?みたいなときにやっと読みました。笑

父と息子の物語で、娘としては誰と重なったということはないかもしれません。
ここに描き出された子を想う親の気持ち、親子の関係を感じながら本編を読み終えて、重松清さんのあとがきを読んだところで今までの親の姿がぽろぽろと浮かんできて涙が出ました。

振り返ってみる。
思い出して考える…
とは違うやり方が
あるかもしれない。

やり直したいことってたくさんある。
見たくない過去も、今も、未来もある。
でもやっぱり生きていなくちゃあかんのじゃー!朋輩じゃきー!

職を失い、妻から離婚届けを突きつけられ、息子は引きこもりに。そんな毎日に疲れ果てた主人公が、「死んだっていいや・・・」と思ったその夜、幽霊の親子が乗ったオデッセイに乗せられ、これまでの人生の岐路に連れていかれる。そこで同い年の姿になった父と再会し、妻、息子、そして父のこれまで気づかなかった思いを知ることになる・・・という話。

これは父と息子の物語。
現実は甘くないかもしれないけど、温かい話だった。
読みながら、自分が小さい頃の父の姿と、父親として子育てをする今の自分の姿を重ね合わせた。

主人公と似た様な思いがあった時期があり、今父親として息子とどう接しているのが良か悩んだりしていて、とても腑に落ちる内容でした。
やり直しの世界に行けても、変えることが出来ない現実。
だけど、何かは変わる。変えようとすれば!

人生のやり直しの旅に出る。最後は、、、個人的にはすっきりしなかった。

やりなおしたつもりでがんばってみよっと。もうちょっと。

ドラマ化される前に読んだけど、なかなか内容が重たい。最後もぱっとしなかったし(-。-)どちらかというと、ドラマの方が好きかな。忠さんもすきー笑

ドラマは見ていないが、この本を読了した後に千住明さんによるサントラだけ聞いてみたら感動した。
自身としては恥ずかしながら初めて本で泣いた。本を読むのが楽しくなった一書だった。

読者

Icon user placeholderB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e243e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce58A13cfc2c 655b 48aa 9a13 29ccd51ddcfbIcon user placeholder05c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cB357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399 85人

重松清の本

青い鳥

青い鳥

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

村内先生は吃音でうまくしゃべれない。でも、ひとりぼっちの生徒に寄り添い、たいせつなことを伝え、彼らの心を救う。 「ほんとうにしゃべりたいことは、しゃべらなくてはいけない」 「「たいせつ」は、すごく、たいせつ」 「本気で言ったことは、本気で、聞かないと、だめなんだ」 「先生は、うまくしゃべれません。ーでも、一生懸命しゃべります。ほんとうに、たいせつなことだけ、しゃべりますから」 村内先生の言葉は、読んでいる自分にも強く響いた。饒舌でなくても、「ほんとうにたいせつなこと」を伝えることが大切なんだと気付かされた。

6か月前

Icon user placeholderDe302ba0 d617 498e ab42 e8584bf240f30da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d1
その日のまえに

その日のまえに

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「死」と関連する連作集という感じでしたので。悲しい話が続くのかと思っていたのですが。登場人物は、以外に逞しかったりします。悲しみは、激しいばかりでなく、静かに深いものでもありました。それは、残された人々にも当てはまり。「死」と正面から関わった人の人生にも深く染み込んでいくものでした。 ただ悲しい話だけではない事に、ウルウルと涙が滲んできてしまいました。

7か月前