51r2ej4hsbl

“人を傷つけてしまうかもしれない”という強迫観念に囚われている、中学3年生の山根理子。彼女は小学6年生のときに同級生の加奈子を目の前で“死なせてしまった”... 続き

コメント

終わり方が....だけど、それ以外は話が進むにつれどんどん入り組んでいくから、一気読みしてしまう面白さがあった

小学生の時 友人の死をきっかけに 加害恐怖という心の病になった 中学3年の理子
理子の前に 亡くなった友人の弟が現れて 父親を殺す計画を手伝ってほしいと頼まれ 手伝うことになる

殺害方法をいろいろ知ってて そんなことを考えている中学生ってどうよ
考えなければならない環境にも問題はあるけど

外の世界は、上手く回らず。黒い心の中は、コントロールできず。少女と少年は、ジタバタするしかない。それを、正論で非難することは、狭い。ただ、そんな中でも彼らは成長し、心は育まれていく。理子ちゃんは、どれだけ怖かったことだろう。

読者

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a097bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c02d9265af b4f0 432a 84ac 206827fb9e8aC245eef0 ab04 466d 96c4 2d7e77a8e3a00da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d1D72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad747c5e6b7 65e4 4b31 9007 61c2dd809df8Icon user placeholder 19人

逸木裕の本

虹を待つ彼女

虹を待つ彼女

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

人工知能アプリを作り出し 世の中を沸かせたが 死者を人工知能化するプロジェクトが動き出した頃 人工知能アプリでの死者が出てしまう 会社側が手を引くのを きっかけに 主人公は個人で作ることにした 水科晴を甦らせるのを諦められずに もし今 人工知能アプリで 亡くなった大切な人 (両親だったり 祖父母だったり 友達だったり 恋人だったり)を作り出し会話ができるとしたら あなたはどうしますかと問われたら どうするだろうと考えさせられます

10か月前

0da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d1A3a16409 1705 4f55 8d48 1e722a361df2Fa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb7 9