51mlilc t9l

コメント

何が本当で何が嘘なのか。嘘に真実が混ざり合っている。キャラクターが強すぎて、サーカスを見ている感じがした。悪意のある嘘は真実もウソにする。これがカラヴァルの世界なのか?感情の起伏が激しいのは海外の小説だからか?謎は次回に持ち越し。本当の意味は?翻訳本でなく原書で読みたくなる。

領主である父親に虐待を受け続けるキャサリンとドナテラの姉妹。
そんな2人に届いた、年に一度、世界のどこかで開催される魔法のゲーム「カラヴァル」への招待状。
数日後に結婚式を控えたキャサリンは躊躇するが、ドナテラを探すため過去には死亡した参加者もいるという「カラヴァル」のゲームに参加することに。
このゲームでは、すべての謎を解き最初にゴールしたものにたった一つ願いを叶えるというのだが…。

謎と魔法、狂気、地下通路の死体、麗しい美青年たちとの恋と裏切り…。
これでもか!というほどトキメキの要素をてんこ盛り、視覚的表現が豊かな文章、to be continuedなラストも含めて、ハリウッド映画を観たような読後感。
2018年本屋大賞、翻訳部門1位作品。

読者

Icon user placeholderB790c7b1 b5c9 4348 a0db 1dacccb9f5d4Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Ca87addb 20f5 4d85 9707 4df409beb9a2Icon user placeholderIcon user placeholder4cd7dca0 a476 4b31 904c 2a5278840ae9892201cc 0ffe 4478 9240 06c17705c96f 20人

文芸

ギケイキ: 千年の流転

ギケイキ: 千年の流転

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

くすっと笑ってしまうような台詞、おいおい!と、突っ込みたくなるような、展開。しかし、途中で断念してしまいました。違う町田さんの本を読んでから、再チャレンジします。

約10時間前

9caf742c 2836 4270 9538 d4a9b6538b1625e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9fC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 31
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037

sa kana

電子よりも紙派です

楽園のカンヴァスやジヴェルニーの食卓のように、知的好奇心をくすぐる作品ではないが、母や妻、娘、キャリアウーマンなど様々な立場の女性たちを静かに表現した作品。 個人的には『長良川』がとても良かった。喪くした夫を愛し、愛された記憶が蘇る場面は、涙なしでは読むことが出来なかった。

約11時間前

9439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116a34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 42