41dxknyrf7l

コメント

"「暗くなるまで待った」とか「ライ麦畑でつかまえた」だと、どーもいかんな。"

言葉のあやも、人間の常識もめった切り。ミステリ小説で有名な森博嗣さんだが、『つぶやきのクリーム』をはじめとするエッセイも、文章中に現れる何気ないひとことも、ユニークで面白い。

"良い道具は使うほど馴染む。最初から馴染むのは、すぐに緩む。たぶん、人間も同じ。"

"破壊しないと価値がわからないもの。たとえば、料理。"

まるで老舗の商店の良さを再発見できるようなキャッチコピーのようである。

P164 人前であがる人間ほど感受性が豊かで、人物として面白い場合が多い。(面接官はそこを見よ)

読者

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c93555b8c 40ad 4fb5 ba8e 84fe0aecf0e2

森博嗣の本

MORI Magazine

MORI Magazine

E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c

toko

最近読書量が落ちてるのが悩み

森博嗣が雑誌を作ったらコンセプト本。森博嗣の頭の中の探訪記。

3か月前

61dad1a5 21f1 40df 80e8 d5035fade3a1A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f0e354e79 7832 447e b044 0e0ea7c3cd55 9
森籠もりの日々

森籠もりの日々

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

森博嗣が一時期好きでした。シリーズも読んでいたけど、いつの頃からか離れてしまって。理由は分かりませんが。ただ、またこうして読みたくなって改めて言葉の使い方とかがやはり好きなんですね。来年はもう一度、シリーズを再読しようかと。ワタシの中では稀有な作家です。

4か月前