51pcdbey8jl

全世界話題!Googleの人事トップが採用、育成、評価のすべてを初めて語った。創造性を生み出す、新しい「働き方」の原理を全公開! Googleはいったい... 続き

コメント

人事に関して、思いつかないアイデアてんこ盛りです。読みやすい内容で、Google社内の事もたくさん書いてるので楽しんで読めました。

数々の仕組みをどんどん実験的に行ってるのすごい。どんな仮説と哲学をもって行ったか、成果の測り方、実際の結果とか詳細に書いてあって面白かった

グーグルの組織や文化を作ってきた素晴らしいアイデアと実行力が網羅された読み応えのある内容。著者のグーグラーへの愛が溢れてます。

Googleの人事オペレーションについて書かれている本。
結局なところGoogleでも社員は財産であって、社員に対して快適な環境を与えて、勤めていることを誇りに思えるようにしていると思った。日本でもベンチャー企業がやっていたりするが、殆どが同じようなことをやろうとするのには難しいと思った

Google の人事(People Operations)の仕組みをオープンソースよろしく惜しみなく公開している。
「社員全員にとって採用活動は仕事の一部」という採用方針と「採用基準を厳しく設けているのであれば社員の職能は正規分布ではなくべき分布になる」といった考察や、採用や人事考課に彼ららしくエンジニアリングを導入している点(オープンデータ、データ分析、A/Bテストなど)が興味深い。
また、マネージャー不要論を証明しようと立ち上げた Project Oxygen が結果としてマネージャーの必要性と良いマネージャーの資質を導き出すことに成功したという逸話に逆説的なおかしみがあった。
エンジニアリングを武器に公正さと公平さをここまで追求している人事は他にないだろうと思う。

社内で常に社員に自由を与え、生産性を上げる取り組みを実験してるのね。自分の会社でもそういうのやりたいな。

「Googleらしい人事」を、まとめた本。Googleだからこそできるものが多い。でもやっぱりこういうところに人は惹かれるのだろう。

よんでる

読者

428451f1 2605 4506 8bc7 9952ca7ab7c8148ad82b cc80 4c78 aae9 03fc0aee6cdbIcon user placeholder1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dE84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a7560c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d56eed120 4264 4b9d b3ee 8a4fa43a4606C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b 29人

ビジネス

「きちんとした敬語と表現」がすぐに見つかる ビジネスメール言い換え辞典

「きちんとした敬語と表現」がすぐに見つかる ビジネスメール言い換え辞典

Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac

おめめ

主に鯖管のエンジニア

自分の意図、気持ちを正しく素早くメールに起こすのは中々難しいものですが、そういったときのフレーズの引き出しを増やす為に何度も利用しています。世代問わず便利に使えるのでオススメです。 同作者の困ったときのモノの言い方辞典もお勧めです。

3日前

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

よろしくお願いします

出版された当時はブームを起こしたらしい。 企業経営的な改善方式とか、効果測定などの方程式を、個人の時間活用に応用した内容が画期的だったんだろう。 「脱毛は時間の投資効率が良い」とか、 「毎回ビューラーでまつ毛を上げる手間よりもまつ毛パーマをすすめる」とか、 行動する内容は女性らしい。 でも、発想は「流石はコンサルタント」というか当時の常識なら「男のビジネスマンが書きそうな内容」だったので、そのギャップが読者に受けたのかも。 「時間を投資する」という観点は、スケジュールをせせこましく使うことを勧める平凡な「時間節約」に比べたら、それこそ10倍は価値がある。

4日前