41d4stihcbl

市場、国家、社会… 断絶した世界が、「つながり」を取り戻す。 その可能性を、「構築人類学」という新たな学問手法で追求。 強固な制度のなかにスキマをつくる... 続き

コメント

筆者は文化人類学の准教授で、エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークをしている。

この本の版元であるミシマ社も含め、書店で平積みにされ話題になっていた記憶がある。

筆者が20代の時にエチオピアで感じた事、その当時の日記に触れつつ現代の日本を含む世界の制度及びその制度への批判のありかたも含めた問題点をわかりやすい言葉で解きほぐしていく。

そこで言われる問題点は、例えば「国家」や「市場」という大きな枠組みで語る事が一方で巨大な権力を肯定し、もう一方で個人の活動を自己責任としてしまう、というような事だ。

そうしたわたしたちの社会やわたしたちの関係性が断絶されていく事に対して「構築人類学」として、構築されてきた現状を認識し、その現状とは違う可能性を捉えようとしている。

最近見た映画に、是枝裕和監督の「万引き家族」がある。
是枝監督は今までも家族をテーマに身近な物語を描いてきた。
パンフレットにコラムを寄せている中条省平は是枝監督の映画を貫くテーマは「家族は自明ではない」と書いている。
家族がどのように存立するのか、どうすれば家族は家族たりうるのか、そういうテーマでこれまでも映画を撮ってきたと監督自身もラジオで言っていた…と思う。確か。

「国家」も「市場」も「家族」も、自明ではないと思う。
しかし、現にあり、どのように構築されてきたかを考える必要がある。
そうして構築されてきた今の環境から、わたしたちは全くの自由ではないけれど、今のありようを知る事でそれを変える可能性はあると思う。

普段は心理学方面しか読んでないが、こちらの分野にも通じているものがあった。
人間学なのだから、当たり前なのだろうが。

最初の登場人物に、周りから変な風にみえるおじさんがでてくる。
しかし、途端に外国人のベビーカーを連れたママに気さくに英語で話しかける。

それを筆者ははたからみてて自然だったと感じた。

こういう人は特に外国に行ったこともないのに、日本人と一緒にいると浮くのに、外国の人だけは話せる人が確かに存在する。

空気を読むという技術が日本以外ではものすごく高度だということが、お分かりいただけるだろうか。

この本の中には、どうして、自然なことをしているのに浮くかということが結構書いてある。

日本人と他の国コミュニケーションの不可解さも。
今話題になっている。
発達障害たちのコミュニケーションを紐解く鍵ともなるのではないかと、読んでいた。

著者がフィールドワークの拠点としているエチオピアと今の日本社会とコミュニケーションのギャップから、「あたりまえ」と思い込んでいる(考えようとしない)社会やシステムの仕組の問題点を解きほぐし、読者をポジティブな思考と行動に促す、ミシマ社らしい良書。読みながら、(地域)アートやコミュニティづくりに携わるような人にも、やってることの根本的な意義に立ち返るうえで補助線になると思いました。タイトルもいいですね!

読者

021e83e5 d63c 4da7 a101 4649d74a75579c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaaD647ef7e 0603 4e4d 826b eb5c2aa928df6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd7C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdf1212807a e596 4989 831f 17804c22e7e2Icon user placeholder 73人

社会

LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

100歳まで今の生活を維持しようとすると、今の時間の使い方やお金の使い方を考え直さないといけないと感じた。

1日前

D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef23E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876E8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1f 140