41uoohgvcfl

もし、ミミズがいなければ人は文明を持てなかった。-ダーウィンが生涯最後の研究テーマに選んだ小さな生物をめぐる、わくわくするような地下世界探検の物語。 続き

コメント

読者

B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399D62d46f7 a6e9 4fea a03b 9e87df05ce03

科学

稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く

稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739

まるさん

15万人施術した 背骨とお話しす…

アジア各国の稲作文化に触れる歴訪の旅。 イネ科の植物を主食にする民族はたくさんいるけれど、みな米や雑穀など様々だし、日本では美味しいとされる米があちらではお粥にしかならないと敬遠されたりと、文化の違いがわかる。 栽培の仕方も、水耕栽培だけでなく、その地域でいろいろあって、品質を一定にするために日本の農家はかなり努力しているんだと思います。 その結果、タネを同じ品種で自家受粉することが必要で、でも生物学的には雑種にした方が生育が良いなど、矛盾もあったり、遺伝子はタネにしかないから、株分けした植物には遺伝情報がないなど、面白い農業の知識に触れることができました。

3日前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c6ff329f9 13e0 4dee 836a a5ef20a1de8d3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e