61qczkw6r2l

若宮と少年が挑む朝廷権力争い。人気シリーズ第二弾!優秀な兄宮を退け日嗣の御子の座に就いた若宮に仕えることになった雪哉。だが周囲は敵だらけ、若宮の命を狙う輩... 続き

コメント

また騙されたー。すごく面白かったです。雪哉また出てきてくれないかなー

前作で描かれていた妃選びの裏でなにがあったのかが描かれている本作。だからこられなかったのか若君!
前作で理解したと思っていたことも、これを読むとまた見え方がかわって2作あわせてもう一度読み直したくなる。

それにしても、作者さん若いのにおっさん描くのがうまいなー。おっさんフェチなのかな。

阿部智里さんのヤタガラスシリーズ第2段。1作目読了後、続けて読みました。北の郷長のぼんくら(のふりをしている)次男坊、雪哉視点で進む若宮側のストーリー。前作読了後なので、世界観と宮廷の相関図がわかっているので読み易かった。

前作に引き続き面白い。ラストはちょっと寂しい

前巻終了から少し時を遡ったところから物語がスタートします。
主人公は若宮と、その近習の雪哉。
若宮にも雪哉にも十重二十重に謎があって、最後に一気に明かされるのだけれど、とても見事。ほんの少しのきっかけで全て気づいた雪哉と、最初から雪哉の秘密を知って黙っていた若宮。
どうして最後にこんな別れ方になってしまったのだろう。二人は何を間違えてしまったのだろう。
切なくなる終わり方です。
二人の運命がどこかでまた交わりますように、理解し合い分かち合えますように、と願わずにはいられない。

雪哉の天性の才と若君のキャラクターが素晴らしい。どんどん内容に引き込まれて行きました。

第1作目の裏話のようなものである。
若宮がなぜ一度も姫の元に来なかったか、その謎が解けるお話。
雪哉がもう可愛いくて可愛いくて(笑)
ズケズケと物を言うが引くところは引く。
「あぁ、この子こそ若宮の近習になるべき!他にはいない!」と思うぐらいの名コンビ(若宮と雪哉)である。

前作の「烏に単は似合わない」を読み終えて、すぐ、2作目を読みましたが、サクサク読めて、とても面白かったです。

読者

F6c6aaff f7da 4e79 a668 57a1ed1d4e1bFd2bf2b2 ba82 4210 9800 e576a7adf0d5C0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb29646fce168 7f03 4988 bf1d 44c2277571a63db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f133d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869021dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483a 29人

阿部智里の本

発現

発現

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ホラー仕立てなんだけれど、ホラーじゃない。 新しい視点からの作品だと思います。 過去と現在が重なり合い、仮説を描いていく。 人が殺し合う戦争ってなんなのか、改めて考えさせられました。昨今戦争が歴史になってしまっている気がしますが、決して昔の話ではなく継承されるべきものだと思いました。 ページ数がもっと多くても良かったような気がします。

9日前

B5e9b87d c16c 4f73 a605 d03cfa1bec86B7f1e12f 4b8b 4e68 bceb 375131a3f5524e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f
玉依姫

玉依姫

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/06/12 読了 あれっ? 何で画像がないんだ? これは episode 0 になるのかな? 山内と人間との関わりが新鮮です。 それにしても高校生の時にこれだけの話を創り出せるとは。本編の続きが早く読みたいなぁ。

10か月前

3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f18469ba0c 4257 4a24 9415 499470759975 16