Btn appstore Btn googleplay
51q58yr1mwl

ヒムラー、ゲーリング、ヘスといったナチ高官たちは何を行い、戦後、自らの罪にどう向き合ったのか。彼らの子どもたちは父の姿をどのように見つめたのか。親の過ちは... 続き

コメント

これはタイトル通りの内容。ナチス幹部の子供達についてまとめたもの。あれだけの悪事を働いた親を持つ子供というのはどういうことになるのか、ちょっと興味があったので。出てくるのは、ヒムラー、ゲーリング、ヘス、フランク、ボルマン、ヘース、シュペーア、メンゲレの子供達。やはりそれぞれで、あくまで父親を敬い続ける者たち、罪の意識のあまり信仰に走る者達、ユダヤ教への改宗など被害者側に身を置く者達、生殖能力を絶って子孫を残さないようにする者達、など様々。ナチス全盛期には王侯貴族のような暮らしをしていた子供達のそれぞれの戦後の生きざまが痛々しい。それにしても…毎日大量虐殺をしながら家では良き家庭人だった、というケースが多く、人間って怖いなと思わせられた…。

読者

137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a33880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a81f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b59a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 5人

新刊

シャルロットの憂鬱

シャルロットの憂鬱

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

犬といると落ち込んではいられないのだ。 と何度も書かれてる。 だから他のことが気にならないのね。

約7時間前

同志少女よ、敵を撃て

同志少女よ、敵を撃て

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

旧ソヴィエト連邦は、女性を戦地の最前線に送った国として知られてます。 第二次大戦中のソヴィエト連邦。ドイツ軍に家族を殺された少女が、志願して狙撃兵となる。 敵味方合わせて200万人が亡くなった、第二次大戦最大の激戦地スターリグラードでの攻防戦。 母の仇を追い求めるヒロインと、仲間たちとの絆。正義も善悪も曖昧に溶けていく戦場のカオス。最終章の怒涛の展開。最後にヒロインが撃った「敵」とは何だったのか。 年間ベスト級の一冊。デビュー作でこれは凄いな。 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチの『戦争は女の顔をしていない』を読んでいたので、より深くこの物語を堪能することが出来た。

約12時間前

朝、目覚めると、戦争が始まっていました

朝、目覚めると、戦争が始まっていました

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

たまたま書店で手に取ってしまい即購入した作品。今と違ってインターネットもなく報道手段も限られているあの時代、何か不穏な予感はあったのだろうけど知らないうちに戦争が始まっていたその日についての作家、文化人、知識人による記述を集めたもの。開戦当日はラジオで何度か開戦の報道があったようでその都度に書かれたコメントをほぼ見開き一ページにまとめてある。もちろんいろんな人の意見であるので開戦の報に際して感動した、スッキリした、という人もいれば何故これを止められなかったのか、という人もいたりと賛否両論あるわけで本作の素晴らしいところはそれらを敢えて論評せずに淡々と載せていっているところ。後知恵というか結果を知った上で後世の我々が安易に批判をするのは簡単であるけれど本作品はそこが目的ではなく、言わば「なんとなくよく分かってないうちにとてつもなく重大な事態に直面していた」という状況を描きだすところにあったのでは、と思ったりした。その意味では一見平和に見える今だからこそむしろ考察のために読まれるべきものではないか、という気がした。非常に興味深い作品。

約15時間前

魚食の人類史

魚食の人類史

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

 なぜ霊長類の中でもホモ・サピエンスだけが積極的に魚を食べるのか、という帯に惹かれて手にとってみた。 学者さんの作品らしく最初は読みにくいな、と思ったのだけど…なんというかくどいんだよね。「積極的に」というところがミソで例えば干上がった池で魚を拾って食べる猿は確かにいるのだけど…みたいなのが続くとちょっとめんどくさくなるんだけどそこを抜けるとかなり興味深い言説が現れる。屈強で身体能力も知力も高かったネアンデルタール人と比べて非力なホモ・サピエンスは水際に追いやられやむなく魚を獲って食べ始めたところから発展が始まったのではないか、という話。発掘された人類の歯型から何を食べていたのかを推測したりするのだけど側面的に補強する検証の過程が楽しい。例えば農耕はメソポタミア地方で穀物の栽培から始まった、という定説に対して、いきなり穀物はハードルが高い、例えば稲作は苗床を作ったり収穫しても脱穀したりなんやかんやと手がかかるのだけど、作者はアジアで魚食から始まって水際でタロイモのようなものを栽培するところから始まってそこから同じく水辺に生えていたイネを育て始めたのが農耕の始まりではないかという提起をする。面白いのは、というと不謹慎だけど太平洋戦争中に孤立した日本軍の手記からも、例えば最初はバナナを発見してそればかり食べているのだがカリウム摂取過多で体調を崩して他の食糧を探す中で原始的な釣り竿を作ってみると慣れていない魚が餌をつけなくてもたくさん採れた、とかそういう話も引用して説を補強していくところなどが興味深い。そもそも脳が大きくなったのもEPA/DHAの摂取が効いているのでは等々、非常に興味深かった。もう少し読みやすくするとよいのに、という印象。

約15時間前