41fy4jtzb9l

コメント

タイトルが好みで珍しく装丁買い。この人のことは何も知らないで、先入感なしで読み始めた。
専門は中国文学みたいで、比較的自分の好きな分野に近しい人。
杜甫と李白の話なんかはもっとたくさん教えてもらいたかった。
本人もあとがきで言っているけど、長く書いたものをギュッとした感じで、密度の濃い文体。読むのが少し疲れた…

読者

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

高島俊男の本