51dqhf75yll

これが、新自由主義の悲惨な末路だ!緊縮財政、民営化、規制緩和、自己責任社会…。支配層の欺瞞を暴き、英米とEU各国で絶賛された衝撃の書! 続き

コメント

イギリスの貧困層の若者たちを揶揄する「CHAVS(チャヴ)」という言葉を軸に、加速度的に経済的格差を広げる現代社会で起こるさまざまな現象を読み解く。
格差が広がる過程では、それと同時に人と人との間の心的距離も広がり、その結果、人々の親しさや共感は急速に減退する。
それは相互扶助が働かなくなり、人が孤立し、見捨てられる社会だ。
著者の口調は穏やかながら、根底には、一旦貧困に陥るとそこから這い上がることが著しく困難になるという残酷なシステムを作り出した者たちに対する怒りと、見捨てられた人々に対する共感と労わりの気持ちが溢れている。
この本を読んだ多くの人が言うように、我が国でも同じ状況が既に進行しているのではないかと危機感を覚えている。

「ニート」発祥の地、イギリスにおける「チャヴ」という現象。

日本において定着した労働政策に関する用語の一つに「ニート」がある。ニートとは、Not in Education,Employment or Training “NEET”つまり、就学、就労、職業訓練を受けていない事を意味する用語である。
本国イギリスでは、1999年の労働政策の中で作成された調査報告書内の一文から出てきたものである。
本書においても一箇所、ニートについて触れている部分がある。
以下、引用本書261頁より

「地元には、やってみたくなるまっとうな仕事がほとんどない。若者の四人に一人はどこかの段階で『ニート』になる。ー六歳から一八の『教育も受けず、雇用もされず、研修中でもない』若者のことだ。産業に徒弟制度がなくなったことで、労働者階級の若い男性の多くには、選択肢もほとんどなくなった」

本書ではこれ以上ニートに関する話題は出てこない。
しかし、この言葉の定義以上にイメージが定着した日本の「ニート」とイギリスの「チャヴ」、それがどういった若者達をさすかは非常に似ている。
まず、日本におけるニートのイメージは以下の本田由紀のインタビュー記事にあるように、今まであった様々な問題を含めた上で結局若者の「やる気のなさ」「向上心が欠けている」というような個人の内面の問題として捉えられてきたし、捉える方が都合が良かった。

以下、引用
http://www.futoko.org/special/special-02/page0513-121.html

「ニート」という言葉は、04~05年にかけて急速に広がりました〜きっかけの一つが、「働かない若者『ニート』、10年で1・6倍 就業意欲なく親に”寄生“」という見出しで一面に掲載された、2004年5月17日づけの産経新聞の記事です。それにより、日本のニート概念、つまり「意欲のない若者の増加」「親への寄生」というイメージが色濃く定まってしまった感があります。その後、「ひきこもり」や「パラサイト・シングル」といったニート以前の既存の概念もニートに集約され、あの急速な広まりが生まれました〜ニートという言葉の広がりを見て、政治家や識者からは「愛国心がないから、国のために働かず、ニートになるんだ」「ニートを育てた親の教育が悪い」といった意見も出されました。

本書「チャヴ」においても似た議論がある。広まる時期まで似ている。
本書15頁より

「二〇〇五年に初めてコリンズ英語辞典に載ったとき、『チャヴ』の定義は『カジュアルなスポーツウェアを着た労働者階級』の若者だったが、その意味は著しく広がった〜いまや、チャヴということばには、労働者階級に関連した暴力、怠惰、十代での妊娠、人種差別、アルコール依存などあらゆるネガティブな特徴が含まれている」

以上のように本書ではチャヴという言葉の使われ方、イメージがどのように広がっていったかが述べられる。
著者はその言葉のイメージと実態が異なる事、実態を見えなくさせようとする動きを指摘している。

・上下を隠す動き

昔に比べて無気力な若者が増えてイギリスが悪くなったという言説、「ブロークンブリテン」と呼ばれるものは、実際には、サッチャー政権下でおきた労働者階級の分断、産業の空洞化がもたらした真空地帯にほとんど何も手当を施さなかったどころか、「支援を受けるやつは向上心の無い怠け者だ」とするレッテルを貼って、責任を個人の能力の欠如とした事だった。
レッテル貼りにはその政権の人間だけでなく、メディアや有識者も、左派も右派も加勢した。

これは上下の対立を見えなくするやり方だった。
本書の核心は常に権力のあり方、行使のされ方だ。
本書361頁より

「本書で論じたかったのは、憐れみやノスタルジーではなく、権力だった〜われわれは実質的にみな中流階級だとか、階級という概念はもはや時代遅れ、社会問題は個人の失敗の結果といった言説、どれもまちがっている」

権力のあり方が資本と結びつく事を指摘した世界で最も有名な著者、カールマルクスはドイツ人ジャーナリストだった。
ジャーナリストは世界を下から見ていき、権力のあり方を分析し、批判するべきだと思う。
これはまっとうなジャーナリストが正面から権力について迫った本だった。

読者

Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa12e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2fIcon user placeholderC2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e7529464afb 595b 402c a513 a16191529b21Icon user placeholderF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f 11人

社会

たのしいプロパガンダ

たのしいプロパガンダ

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

タイトル「たのしいプロパガンダ」は主題「本当は怖いプロパガンダ」の意でもある。「戦前の日本人に高い道徳心があったのだとすれば、どうして無責任な軍の高官が生まれたのだろう」との「永遠の0」の矛盾点を突く。さまざまな情報、表現の意図するものを読む思考実験こそが必要と作者はとく。スタンフォード監獄実験でもわかるように、ただ中にいた時、抜け出すのは非常に難しいことを肝に命じていこう。

約6時間前

47e79340 66ee 4a21 b6bf 584493fa920bEf929240 801e 4415 8afd 3f319236b8caDbec6678 84a0 4664 8483 d794f0843a9b
シャーデンフロイデ: 人の不幸を喜ぶ私たちの闇

シャーデンフロイデ: 人の不幸を喜ぶ私たちの闇

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

同期一番の出世頭が大口顧客を怒らせた! 人気タレントがセクハラ疑惑で降板? ああかわいそうに、でも少しだけ(そう、ほんとにほんの少しだけ!)笑みがこみ上げて来たりはしませんか、よくないことだと知りつつも。自分もそういう感情を抱いたことを白状せざるを得ないけど(それも頻繁にというのがまた救いがない)、そういう感情をドイツ語でシャーデンフロイデという。日本語だとネットでいうメシウマというところ。 人間社会に限らず、競争に満ち満ちているこの世においては、シャーデンフロイデは、競争の中で自分が相対的に優位に立ったことに対して人間が感じる快い感情であるらしい。しかし、そうした快感も、妬みを覆い隠すような形で正当化されてしまえば凄惨な犯罪へと容易に転化するという。例えば、ナチスのユダヤ人虐殺のような。にわかには信じ難いけれど、ユダヤ人は劣った存在などではなく、優秀であるからこそ排斥すべきであるという理屈は明らかに妬みから生まれたものだろう。 明日は我が身と思いながら、自戒の念を抱きながら読む本。

3日前

心の文法―医療実践の社会学

心の文法―医療実践の社会学

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

感情や記憶は、個人の能力に還元されやすい。その考え方に基づき医療も行われやすいのだが、一方で医療とは、患者と医療者が向かい合い、互いに感情や記憶を交錯させる場面でもある。著者は、診療場面を丁寧に記述することで、感情や記憶というものを説明しようとするときに寄って立つべきは我々の生活そのものであることを述べようとしている。試みが成功しているかというと微妙で、一分で辿り着ける目的地にわざわざまわり道して向かっている気がしてくる読み心地。ものすごく、読みにくい。しかしそのくらい実はたどり着きにくい目的地なのだな。

4日前