51vqlt1kpsl

コメント

『珈琲屋の人々』の続編
少し切なくていいです。
本編は、TVでも放送されましたが、原作の方がいいです。この続きを早く読みたい!

正義感から人を殺めた過去を持つ『珈琲屋』の主人・行介と、離婚後に実家に出戻り家業を手伝う彼の幼なじみの冬子。たがいに惹かれ合いながらも、自分が幸せになってはいけないと考える行介は自分の気持ちに素直になれない。

そんな曰くつきの喫茶店には、その過去を持つ行介に罪の意識に苛まれた人々が ひきつけられるかのようにやって来る。罪は弱さから生じる。そんな弱さを持つ人々は、きっと行介の強靭な肉体の中の繊細なやさしさを欲するのだろう。やさしさは弱さでもあるから。

それにしても、この結末は……。
また、続編を読まなければならなくなった。

読者

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cE510cdd8 d2c6 42c0 bed2 067a725e7287Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee13a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1 5人

池永陽の本

そして君の声が響く

そして君の声が響く

2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8

sora@あろす

屁理屈、眼鏡、本の虫、珈琲好き、…

レール外の青春のお話。 ヒロインが初めての彼女と同じ名前で、雰囲気も似ていてドギマギ。 余韻漂う終わり方。 2017/04/02 読了

1年前

ゆらゆら橋から

ゆらゆら橋から

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

井上靖氏の『あすなろ物語』を意識して書かれたものだろう。『あすなろ物語』では、6編の物語に6人の女性との出会いが、少年期から壮年期までの主人公の成長の過程とともに抒情豊かに描かれる。あすは檜になろうとする“あすなろ”の木に託しながら。 一方、『ゆらゆら橋から』は、8編の物語で8人の女性との出会いが、少年期から熟年期までの人生の点描のように紹介される。戻り橋とも呼ばれる“ゆらゆら橋”の語感に染められながら。 男性の目から、女性を描写する難しさ、これもまた、文学の課題のひとつのだろう。確かに、この話に出てくる女性たちは血肉を持った存在として描かれるが、現実的であろうとすればするほど、私にはどこか遠い存在のように感じられる。 むしろ、観念的な描写により実在的な女性を感じる、という逆転現象が起こるのは私だけだろうか。

1年前