51l7zvb6%2bal

体長わずか数ミリメートルの昆虫を求めて、アマゾンの密林や広大なサバンナへと世界を旅する著者は、数々の恐ろしい目に遭ってきた。ペルーでは深夜の森で、帰り道の... 続き

コメント

小さなころ好きだった虫たち。

今は、触るのも憚れる虫たちに少しだけ親しみを持つことが出来たかも。

キモいとか言ってすいませんでしたあぁー昆虫すごい。

アリを観察しながら血が出るまで噛まれたり、
死の病を媒介するハエに刺されても割り切って採集を続けたり、
怪我した手で猛毒のカエルを掴んで毒が入ったり、、

研究者というのも意外と体を張った仕事なのですね・・・

でも、ずっと楽しそうです。
レアポケモンを捕まえに行くかのようです。
「ああああ!!!エキトクリプトゥスだ!」とかほんとに叫んでたんだろうな。

血と汗と笑いと驚きのたくさんつまった一冊。

いろんな虫とのふれあいが出てきますが、一番怖いのは、アフリカの屋外トイレで壁が見えないくらい一面のゴキブリ(しかも大きい種類)を見て感動する筆者。

本文中には見たこともない虫の写真が盛りだくさん。
特に奇人さんの写真は、普段は逃げたくなるような虫でも、なぜかかっこよく神秘的に見えるほど、すごい虫愛です。

読者

Icon user placeholder8bbb5455 62a8 47ff 95da 8a6015e38e13252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c 3人

丸山宗利の本

昆虫はもっとすごい

昆虫はもっとすごい

5ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30

ペロリーヌ

徒歩郵便配達員。

昆虫はすごいで語られたネタをほかの2人にふって聞いてみる場面が多いけど、やっぱり面白い。「虫はみんなスキマ産業」って言葉しみた

2年前

1683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde4963431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8