51hpqpwarrl

作家、書店員、恩師、友人、恋人…生前近しかった13人による書き下ろしコラムと雑誌「幻想文学」に掲載されたブックレビュー7篇も特別収録。 続き

コメント

これだけあればいい。
この一冊を超える本に、まだ出会えていない。
世界に絶望したら読む本。
ひりひりと美しい。

2003年1月26日(日)その4 の日記。
「不在の神を追究しつづけたい。真理はさらに先にあると、あなたは神ではないと言い続けたい。」
この日記が私にとって、この物語の核です。

どの面に光を当ててもキラキラ輝く、宝石みたいな人。感受性のかたまりみたいな人。
でも、自分を磨いて磨いて磨ききって、少しでも曇ってると許されないと思って生きてきた人。

本、おしゃれ、美術、季節、世界、いろんなものとの向き合い方が全力で素直で真剣で、奥歯さんを見てると背筋が伸びます。
そして欲張りで背伸びかもしれないですが、奥歯さんの見ていた景色のもっと先を、いつか見れたらと思ってしまう。

この本を世に出してくれた、ポプラ社の斉藤尚美さんにも、大きな尊敬と感謝を送りたいです。

読者

Icon user placeholder252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c72c18881 77a4 4682 bff9 ece902bdaa1c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e5b3edbd4 ddf5 40b4 87b9 8a21a7958ca94f83c3e7 22f2 4298 80af 1e325de168a66cad0e59 f89d 42e2 bbe3 d074933c13353a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992 8人

文芸

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

約4時間前

5bd7e9de 9f8f 447a 8879 47ecae8ab48339a5c57b 21e2 4ea5 919b 7cb7bdcbf9e3197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d
理由

理由

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

信子の、石田さんと対面したときの描写が、もうなんともリアリティー。ここまで目の前で描けるとなると、文学の領域の広さに驚く。 相変わらず、現代社会の闇を描いた傑作。

約15時間前

Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Icon user placeholder 9
風待ちのひと

風待ちのひと

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

トラックドライバーの間で噂になってる 通称「ペコちゃん」 ペコちゃんに親切にした人には福が舞い込むという 須賀哲司はそのペコちゃんをドライブインから美鷲まで乗せてくことになる それが2人の出会いだった 心が病んで いっそ死のうかという気持ちの中 土足で踏み込んでくる喜美子(ペコちゃん)に辟易しながらも 少しずつ少しずつ距離を縮めていく2人 鬱陶しがられても ズカズカと踏み込んでいくおばちゃんパワーが時には必要で それが結果的に哲司を自殺願望というか現実逃避から救うことになった 個人的な意見ですが 哲司の奥さん 苦手なタイプなので 夫婦の会話の部分はイライラしました

2日前