51844remznl

12歳のマイロの両親が営む小さなホテル〈緑色のガラスの家(グリーングラス・ハウス)〉。ある冬の日、5人の奇妙な客が現れる。彼らは全員が滞在予定日数を告げず... 続き

コメント

12歳の男の子マイロは中国系の養子で、両親とうまくいっているが、本当の両親のことを知りたいと思うことに後ろめたさを感じている。

両親が営む宿屋に、それぞれ秘密を抱えた5人の客が訪れ、マイロは料理人の娘メディと、RPGのキャラクターに扮して、落し物の「海図」を解くゲームを始める。

マイロがRPGのキャラクターになることで、居心地の悪さがときほぐされていく様子がよいです。

読後感がよく、ほっこりした気持ちになれるお話です。

読者

14a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e15cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 5人

文学

「信濃の国」殺人事件:

「信濃の国」殺人事件:

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

完璧にタイトル買い。手口の似た殺人。共通点は県歌信濃の国にあった。信濃のコロンボ、2時間ドラマが私の手の中にという感慨。ただ、不当逮捕される中嶋記者とその奥さんにはあんまり共感できず。長野県人という単語に違和感があったのですが、世代かしら。S大生だけか。

約3時間前

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

4ac7dafc 60ec 4fd9 97c4 f69d379c86a9

石原

フラフラと多ジャンル読み漁ってま…

「その可能性はすでに考えた。」 なんとも言えない世界観に惹き込まれて、ゆったりと読もうと思っていたのですが1時間ほどで読んでしまいました。 複雑なトリック、ラストの意外性。 読みおとしの無いように」。

約7時間前

Icon user placeholderD7f1f6a3 6e9f 4467 a349 c42e756266150ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7
サラバ! 下

サラバ! 下

Icon user placeholder

めがねくん

フォローしているアカウントを見る…

こんなに年をとってしまった今更になって、何か大事なメッセージを受け取ってしまった感じ❗ なんてこった。

1日前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 57