Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61h1xfab2xl

コメント

タイトルどおりニューヨークで食に関わる様々な人たち〜有名シェフ、無名シェフ、
食肉卸業者、ウェイター、ウェイトレス、経営者、町の肉屋、デリの経営者、下処理専門シェフ、牡蠣の殻剥き担当などなど〜へのインタビューをまとめたもの。作者自身は食専門ライターというわけではなく、たまたまプライベートで聞いた話が面白かったのでいろんな伝手を辿ってインタビューしまくったということらしい。共通しているのは話を聞いた全員が私生活を犠牲にしてでも美味しいものを提供したい、楽しい時間を提供したい、という気持ちに溢れていることで、ネットで手軽に人気を煽ろうという者は一人もおらず感動的ですらあった。東京でも同じようなインタビュー集はできるだろうしある程度面白くなるだろうと思うのだけど、さすがニューヨークはそれぞれのバックグラウンドが幅広く、それこそナチの強制収容所を生き延びたユダヤ人の肉屋とか元は不正入国で着の身着のまま流れ着いた元不法移民とかその部分だけ読んでも面白い。作者が食のライターでないところも新鮮な切り口になっているような気がした。ライトなイメージの表紙だしたいして期待せずに手に取ってみたけどこれは何度か読み直したい作品。関係ないけどタイトルは原題の「food and the city」のままの方が良かったのでは、とちょっと思った。

普通の、一生懸命働いている人たちに、丁寧にスポットライトを当てたノンフィクション。ほっこり温かい気持ちになると同時に、自分も明日がんばろうと思わせてくれる一冊。

生き馬の目を抜くNYでは並外れたタフさとバイタリティが必要。そんなNYの食の世界を支える人々に焦点を当てたオーラルヒストリー。ホントいろんな人生がある。 空腹時注意。
そして皆さんこちらの調子が悪くなるぐらいの働きっぷりなので疲れているときの読むのも注意。

読者

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794PictureIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23aE83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba25E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aeaFf847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a 22人

ノンフィクション

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

Fe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a5

Taichi

表紙を指でタップする音が好きです…

人間とはチクワみたいな形状で、口から入れたものを分解吸収し、内側から新しくなって、代謝によって古くなったものを脱ぎ捨てるだけ… そう考えるといろんなことがどうでもよくなって楽しくなってきた。満員電車の隣の人も、週刊誌のグラビアの女の子も、ミミズも、オケラも、アメンボも… みんなチクワみたいなものなのね。 生命として明確に定義できることって、意外とシンプルなんですね。 なんとでもなるような気がしてきてなんか楽しい。

5日前

A8d20716 a555 47ae b305 5908daa3c877978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Icon user placeholder 17
小説の言葉尻をとらえてみた

小説の言葉尻をとらえてみた

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

言葉尻をとらえると聞くと揚げ足取りなのかと思いますが、そこはまったく逆でした。 それは単なる誤字では?笑という言葉にも誠実に向き合って、他の用例を探したり歴史をたどったり。「時代小説の言葉は工夫された人工言語」という指摘には納得しました。そりゃー、全部その時代の言葉で語られたら意味がわからなくなって、楽しさも半減しちゃう。そんなところから、作者の工夫ポイントも探れるのかも。 普段は一気に読んでしまう物語世界の言葉をじっくり味わうと語彙も豊かになりそうです。

10日前

スコット親子、日本を駆ける: 父と息子の自転車縦断4000キロ

スコット親子、日本を駆ける: 父と息子の自転車縦断4000キロ

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

ニューヨーク在住の親子が自転車に乗り、日本を北から南まで約4000キロ走破した記録が書いてある本。日本で自転車に乗り旅する最中の色々な出来事が書いてあります。著者のお子さんが駄々をこねたり著者の方が旅行中に足の親指を骨折したり色々なトラブルが起きるのですが、僕が手に汗握ったのは旅の途中だけではなく、著者の方がこのプランを実現させるまで、奥さんや会社の上司へのプランの説明の部分。上司に相談したのがリーマンショック発生直後ということもあり状況によっては仕事を失うという返事が。著者が自転車での長旅がどうすれば成功するかを考え、まわりの人たちと相談しながらゴール(旅のはじまり)を目指す部分にも読みごたえと読後の達成感がある旅行記の本です。

12日前

Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696865fadca 5273 4ec0 a42c 9a58c52348ea