51g1vx8e3rl

明治29年(1896年)、岩手県花巻に生まれた宮沢賢治は、昭和8年(1933年)に亡くなるまで、主に東京と花巻を行き来しながら多数の詩や童話を創作した。 ... 続き

コメント

代々、資産家であり地域の名士でもあった宮沢家の長男として生まれた賢治。息子の賢治を全力で守り、一方では壁のように聳える存在だった、父・政次郎の物語です。

京都出張中に長男が生まれたことを知った政次郎。ようやく会えた我が子をベロベロにかわいがりたいと思いながらも、父の威厳を優先してしまう。ザ・明治の男という印象もありますが、子育てに迷う等身大の父親像がとても新鮮でした。

河原の草原を全焼させるほどのやんちゃ坊主に手を焼き、息子の秀才ぶりを目にすると、「商家に学は必要ない」と進学を反対された自身の過去を思い出して苦い思いをする。
そのくせ、賢治が入院することになれば、周囲の人が驚くほどの献身的に介護する。少しでも賢治が楽になるようにとこんにゃくを暖めてお腹に乗せてあげる、なんて微笑ましい光景ですが、そのせいで今度は自分が大病を負ってしまうのです。

賢治への期待と時代の流れに、気持ちを整理できないままの政次郎。いつまでたってもまともな仕事に就こうとしない息子を、励ますのがよいのか、たしなめるのがよいのか。加えて、40を過ぎて大家族を養わなければならないという重圧もあり…。
一方の賢治も、質屋という家業への反発もあり、高い高い壁のような存在である父に認めてもらいたくてもがいていたのかもしれません。本を出版しても相手にされないことに、どれほど絶望していたのだろう…。そう考えると、賢治の作品に新たな魅力が発見できそうな気がします。

宮沢賢治の印象は、実家のお金でわがまま放題生きていたという印象でした。この本でも確かにそのとうりなのですが、何故か印象が違うのです。父政次郎が主人公だからでしょうか。。。迷いながらこれで良かったのかと問いかけながら子供と接していく政次郎の人生はまさに親の姿です。そして、その子らに先に行かれてしまう哀しみ。宮沢賢治を書いたどの本よりも身近に「賢治」を愛おしく感じました。
天才の父であろうと、凡才の父であろうと、親は親で子は子です。

宮沢賢治のことをよく知りもしないくせに、いつのまにか頭の中で、彼のことを聖人のような人だったと思い込んでいたのは、「アメニモマケズ」の詩のせいだろうか。
しかしこの本を読み、宮沢賢治もまた普通の子どもであり、人だったのだなぁと感じた。もちろん優秀な人であるが、時にやんちゃで聞かん坊、親のすねかじり、世間知らずの夢だけ語るおぼっちゃま。とても人間らしく描かれている。それは第三者の目線で書かれているからではなく、父親目線で書かれているからとも言える。
父親は常に、賢治に期待し、やきもきし、時に腹を立て、賢治の失敗も成功も全てを自分のことのように受け止めている。とにかく賢治がいくつになっても可愛くて可愛くて、愛しくてたまらない、最高の親バカ小説とも言えるかもしれない。
今度花巻に行った際は、記念館に立ち寄ってみようと思う。

読者

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e9bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a71346efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837669f4ad08 dc71 43d4 9f7b 95a6b6fcfa83Icon user placeholder84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a96903221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e 24人

門井慶喜の本