51pbhptt7hl

物語には生をもたらすキスと、死を招くキスがある。 青春、恋愛、セックス、暴力、家族。みんなカナグリ生きている。 荒々しく吹きすさぶ言葉たちはいつしか紙の... 続き

コメント

短編集。衝動的で乱暴だしダダーって適当に書いてるような文章に思えるけど息継ぎの瞬間が気持ちいい。内容は魔界感がすごくてやっぱ舞城王太郎すごいなー。

暴力や性欲を過激に描写したことが取り沙汰される内容であったが、この短編集の主題はバランスにあるように思えた。
好きという形容動詞は、何かしらベーシカルなものと比較して表現された単語である。そのため、その好きと同じくらい嫌いである存在があるということも成り立つ。したがって、何か特定のものを好きであるということは、それと対となる嫌いなものがあるこということではないかと思った。
一文がダラダラと長く、読みづらいところもあったが、それが舞城さんの良さでもあると思う。

どこか茶化したような文章ながら、臓腑を抉ってくるような鋭さは健在。この作家を食わず嫌いな人は損をしてると思います。

読者

Df1d0329 6b2a 4c7d b037 9fe083e57aac3428fc80 72e2 43b4 9753 356297cf4d9e6ec982d9 36b6 4b4b 807e fa82bc1351e6F1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e576 4人

舞城王太郎の本

私はあなたの瞳の林檎

私はあなたの瞳の林檎

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

この本に所収されている3本の短編のうち、2編は2010年代の初めに「群像」に掲載されていたもので、そのころはまだ自分は大学生で、大学の図書館で読んでいた。 あの頃からだいぶ時間が経ってしまったし、ずいぶんと遠くまで来てしまったな、という感じがする。あの頃に比べると、舞城王太郎の言いたいことというのは、なんとなく分かるようになってきた気がしないでもない。 どちらも不思議な事件も怪異も無く、青春の一瞬のきらめきのような恋愛を描いていて、甘酸っぱい気持ちになるやら、自分には失われてしまったもののように感じてちょっと切なくなるような感じがする。 でも、自分が面白いと思ったのは、書き下ろしの「僕が乗るべき遠くの列車」。内省的な彼の作品において、その内省を吹き飛ばすような「菊池鴨」というキャラクターは、強さを感じて魅力的に見えた。

2か月前

Icon user placeholder71052fb5 32e9 4cde 81ce 0fa157b42a41B33315b4 620d 4710 8124 a466b8149ee6 12
獣の樹

獣の樹

7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4

オダギリ

学も教養も知恵もどうしようもない…

意味わかんなかったけど面白かった。意味わかんないままだけど。

5か月前

世界は密室でできている。

世界は密室でできている。

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

本格ミステリではなく、あくまで青春エンターテイメント。 世界は密室でできているけど、その密室が限界に達して開いてしまった瞬間、世界は崩壊するんだなって。その密室をみんなで開けてあげることが大切なんだなって。思いました。

約1年前