51fbbc6ot9l

コメント

シャッター商店街となっているさびれた町を再生させようと立ち上がった主人公の愛美とアルバイト先の店長の信平さんと外国帰りの慎一
きっかけは一匹の猫だった
町の活性を諦め 静かに老後を送りたいと思っているシャッター商店の店主たちからは 反対の声も上がり なかなか進まない計画だった

仕事もないさびれた町から若者たちが出て行くのは仕方のないことだけど 楽しい思い出のある故郷であることが大事で 帰ろう、戻ろうと思えるような場所にしたいと考える主人公たちの気持ちが みんなに伝わり動かすことが一番なんだと思う

どこがでありそうな寂れてしまった町の話
どうやって町おこししていくかが面白い
何か事件とか盛り上がりがあるけわけでもないけど、安心して見れる感じ

読者

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b 3人

柴田よしきの本

不条理な殺人

不条理な殺人

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

不条理な殺人のアンソロジーなため、読後感が不条理でいっぱい。法月さんの『二の悲劇』の原型も収録されております。法月さん好きなので、この原型を読めただでも購入した価値がありました。

1年前

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bB44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243B58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c3
風味さんのカメラ日和

風味さんのカメラ日和

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

最近、昔使っていたフィルムカメラを引っぱりだして写真を撮っている。そう言うと何やらカメラが趣味のマニアっぽいけど、実際はほとんどオートでしか撮ったことがない。でも写真は好きだ。こんな写真が撮れたらいいなあと写真集やインスタグラムなんかを見て思うこともしばしば。 そんな時、近所の本屋さんで手にとったのがこの本。甘めな表紙がちょっとなあと思いつつ、「カメラ」というワードに惹かれて読んでみた。東京から洋菓子店を営む実家に戻ってきた主人公が人数集めのために友人から頼まれて参加することになったデジタルカメラ講座。そこに集まるそれぞれの事情を抱えた人たち。適度にカメラ指南を交えつつ物語は進んでいく。 これ、けっこう面白い。スマホで写真を撮るにしてもちょっとコツが分かっていれば見違える写真になる。そんなヒントがこの本にはある。物語はまだまだ続きそうなので次が出るのが楽しみです。

1年前

Cd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b99030bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd175616cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 10
青光の街

青光の街

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

3つの殺人事件と 殺人事件のはずだった事故と 友人の誘拐事件 ブルーライト探偵社の所長 草壁ユナの前に現れた依頼人が持ち込んだ 婚約者の身辺調査から それらに巻き込まれていく話 余分であり邪魔である「A」がわかったのはすっきりしたが 犯人達の動機が理解できるものと理解できないものがあって なんだかなぁ

1年前

さまよえる古道具屋の物語

さまよえる古道具屋の物語

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

ある日突然 必要としている人の前に現れる古道具屋 一見 不良品とも思える品々を お客に売り付け お客には商品を選ぶ権利もない 時間も空間も超えた古道具屋店主の望みは 最後に明らかになって 売り付けられた商品によって人生が変わった人達が 新たな人生を歩むようになって良かった 途中 メフィストフェレス って名前が出てきたときはどうなることやと思ったけど

1年前

4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f488c9685 faf0 4507 af33 ff2533d932701525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 10