41aethxn1hl

コメント

今までにない有川作品。
これを最初に読んでいたら、図書館戦争シリーズなどとのギャップに萌え苦しんだはず。
いや、逆の私もフツーに苦しんだんどけど!!!
どうして、、有川さんはこんなに多岐に渡り物語を描けるんだ……!!
尊敬と同時に嫉妬しちゃうしでもやっぱり尊敬の対象で憧れるし大好きな作家さんのひとり。
これからもずっと応援し続けたい作家さんのひとり。

最終的に誰も嫌いになれない、暖かい小説だった。

読者

12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5B3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf79771dec f28b 4932 9b66 3859125890b4Icon user placeholder76fe065e efe5 4837 8057 34a2ada49582F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eF7dc501c 6c33 4881 b635 664d542b2918 40人

有川浩の本

旅猫リポート

旅猫リポート

5b870c08 c1e6 460e bb52 131ec3384664

chou

本と絵と旅行大好き

犬派なのだけど、新幹線ホームでたまたま購入。 途中からは結末が想像できるし、驚くような展開はないけれど、ホッと心温まる作品。 にゃんこのナナの語り口が、生意気で、でもご主人への愛にあふれてて、かわいい。 家に帰って、うちのワンコをギュッと抱きしめちゃいました。

1年前

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb867a5618d 21b4 4e56 9b97 54c5a9c2c564C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55 80
だれもが知ってる小さな国

だれもが知ってる小さな国

6d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e

mito

海外の児童ファンタジーがだいすき…

小さい頃、母から受け継いだ宝物みたいな大切なおはなし。もう続きを読めることはないと思っていました。まさに後継者と言っても過言ではないと思います。

約2年前

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a094e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f9fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb 9