Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51v2rbipc7l

流通・小売りの巨人と呼ばれるアマゾンは、ビッグデータ時代にどこへ向かうのか。ジェフ・ベゾスの類い稀なる戦術・思想を読み解く。 続き

コメント

Eコマースからクラウドや宇宙開発まで手がけるamazonの巨大な世界観に触れ、日本もこのままではamazonに支配されてしまうと危機を感じた。
一方で、ステークホルダーから多くの反感も買っているという現状から推測するに、必ずしもこのまま順調に成長を続けていくわけでもなさそうだという気もした。
amazonnとの比較としてあげられたアリババは、中国国家としての成長を支えるという大義の元にビジネスを広げていると紹介されており、amazonよりも、むしろアリババの方がグローバルに広がる可能性を秘めているように感じた。
これに対抗する日本の会社としてメルカリが紹介されていた。
実はコンシューマー間のP2Pのプラットフォームを作ろうとしているという著者の考察に、単なるフリマアプリの会社と思っていた自分は物事の表面しか見ていなかったなと反省。

読者

5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321Icon user placeholder

新書

茶の世界史―緑茶の文化と紅茶の社会 (中公新書 (596))

茶の世界史―緑茶の文化と紅茶の社会 (中公新書 (596))

B46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135

reif

Kindle 読み

先日 RT した「チャ」と「テー」の言語圏ツイートに下がっていた中公新書。「名著、刷新!」とのことで簡単に買えました。茶の世界史の核心は、英国の国民的飲料になる経緯で著者のご専門もイギリス経済史。そもそも自国で生産できないくせに飲むのは大英帝国の因業であった。面白かったー!

1日前

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47943631ba1d 0a17 4328 8eca d634219e94d9
日本のすごい食材

日本のすごい食材

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

テーマから日本固有の食材の案内かと思っていたら見たことも聞いた事もなかった食材の案内にびっくり。いちご、とちおとめよりデッカくて、甘い栃木i27号、栄養満点しかも渋皮も簡単に向けててしまうぽろたんなどなど、食べたいと思うものばかり。本書にて紹介される食材は、生産者の方や研究者の方々の日々の努力から生み出されたものばかり。私たちの安全な食生活は、生産者の方々の力によって成り立っていることを改めて実感しました。

2日前

825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261
暴力団

暴力団

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6

keikeikeita

自動車業界勤務のひよっこ生産技術…

暴力団の思想や組織構造がよくわかる。良書。

5日前