41jvfj%2bheyl

がんにかかり余命幾ばくもないと言われた父。普段どおりの生活を送りながら、気負わず、でも、かけがえのない時間を父と過ごしたいと願う私。やがて父はこの世界から... 続き

コメント

2018年39冊目。‘かなしみに、空腹を強制してはならない。’誰かの死を、悲しいものにし過ぎなくていいのかもしれないなあ。でも、やっぱりかなしいよね。むずかしいね。20180306

読者

5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6777404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0Eb0856a4 a9fa 40fb 91a3 05560aa48ea1Bac28e55 1163 4528 b8f6 fb39a0c3736c568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23a 8人

益田ミリの本