Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41g2zqn8knl

本を読むことの意味は何?案外答えにくい問いに、「読書によって…の力がつく」という形で考え、コミュニケーションの力、人間を理解する力との関わりを示します。自... 続き

コメント

読書の方法を学びたく本書を手に取った。

結論から言うと私には合わなかった。

本書は三章から構成されており、
一章は読書がいかに素晴らしいものかと言うことが筆者の経験から具体的な例も交えて語られている。この章で全体の3/5程の分量であり、読者が本へ向かいたくなる様に筆者が力を注いでくれているのが良く分かる。

二章は読書をスポーツとして捉え、技術向上の為の音読や三色ボールペンで線を引く等の方法が記載されてある。

三章は読書を通じて得た知識がコミュニケーションに役立つ事や記憶を定着させるためにやる読書会やクイズ等の方法が記載されていた。

読み終えた感想としては、筆者のプライドの高さが文章に終始見え隠れしたのが非常に鼻に付いた。筆者の本をまだ一冊しか読んでいないし、筆者の生徒でも何でもないが選民思想が強く生徒を依怙贔屓しそうだなと勘繰ってしまった。

2017.02.19
「読書は著者と読者のコミュニケーションである。」
読書を続けていこうと改めて感じた一冊。

「読書」の捉え方が変わった。そして、この本のおかげで手に取る本の分野が広がった。

読み終えた私のこの本には付箋と蛍光のペンの線がたくさんついている。

読書の重要性を力強くわかり易く解いてくれた本でした。

単純に読書力を上げたいと思って手に取ったが、精神の緊張を伴う読書をすることによって培えることがたくさんある。
読書はあくまで個人的にするものだと思っていたが、なるほどコミュニケーションだ。
これまで読んだことのないジャンルの本や、自分にはきっと理解できないと思い敬遠していた難解な本にも挑戦したくなった。
2017.2.10

名著。もっと早く読んでいれば良かった。
読書が好きな全ての人が読むべき。
娯楽としての読書から、一歩進んだ読書へ。
巻末の文庫百選も必読。

はじめて斎藤孝の本を読みました。読書が大切と正論で書いておられる、御説ご尤も。
斎藤美奈子のこの本の批評が面白い。

矛盾しあう複雑なものを心の中に共存させること。読書で培われるのは、この複雑な共存だ。p52

読者

Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa36a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a5450974d3 f645 49c4 ab5a 4c88433f554eC6240e2a 7985 45cf 87c6 9e7695b78bcbIcon user placeholderFe400ef2 da70 43f7 bcf9 524e23af68c4E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6Icon user placeholder 40人

齋藤孝の本

「文系力」こそ武器である

「文系力」こそ武器である

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/12/10 読了 世の中を動かしているのは「文系の人」である。確かにそうかもしれない。この「文系力」ってのが曲者かなぁ。本は読むものの、コミュニケーション力があるわけでも全体を俯瞰する力があるわけでもない。まあ、自家製『文読む月日』でも作ってみるか。

約1か月前

47253c9b c166 4226 8290 1315840daccdIcon user placeholder36fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afa
イライラしない本 ネガティブ感情の整理法

イライラしない本 ネガティブ感情の整理法

7d60142a 47c0 4527 8975 4e2104794956

Fraxinus

読書記録 主に電子で読んだもの。

いくら歳をとってもなかなかイライラがおさまらないのでおさめる方法の参考に読んだ。 イライラの発生源にしても解消法にしても、経験からなるほど納得となることが多かった。 うまく流れてるところにわけのわからないことで話しかけられて作業を中断させられることでイラッとするとか、昔、精神安定剤としてひたすら文句を書き続ける闇日記を書くことで自分の中の負の感情を吐き出してたこととか。

8か月前

(124)夜型人間のための知的生産術

(124)夜型人間のための知的生産術

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

朝活が一種のトレンドになったけれど、完全に夜型の私には向かないと思ってた。 齋藤氏が夜型人間の夜型生活の有意義さを唱えてくれたことで、ちょっと胸がすっとした気分だ。 朝はなんとなくぼんやりしていて、朝ごはんを食べようがラジオ体操をしようがスッキリせず、お昼過ぎからようやくエンジンがかかる人間だっているのである。これはもう生活習慣とかではなく、そういうリズムの体なのである。 氏もまた夜型人間であり、その夜型人間のまま上手に社会生活を送れるよう職業選択をしたというのであるから、筋金いりだ。夜を上手に過ごす夜型生活のスペシャリストとして、夜型生活をたっぷりと肯定している本書は、「朝活」の言葉に気圧される夜型人間にとって心強い限りである。 朝型人間の皆さんにも、夜型生活が悪いものじゃないと認識していただけるはずである。

8か月前

493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede52f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af6Icon user placeholder 14