51lt8pxt7ol

コメント

タイトルからして料理をめぐるライトな物語かと思って手にとってみた本作。
実はアルメニア人の大虐殺で家族と財産を全て無くした主人公、死んだほうがマシな目にあった後、やっと得た幸せな家庭もナチのせいでまた全て無くして、というかなり重たい話。
これが面白くないかというとページターナーというか次が気になっていっきに読んでしまう感じ。
過酷な運命にさらされ数奇な運命を辿る主人公だけど、決して陰鬱にならずあけすけに性についても語ったりする。受けた傷にはきちっと落とし前をつける感じがいいのかな。
巻末にはレシピと人類の罪に関する書誌が付いてる、そういう作品。いい意味で予想を裏切られて面白かった。

20世紀に起きた色々な大量虐殺事件で次々と家族を奪われ、だけど復讐すべきろくでなしにはきっちり落とし前をつけて生きてきた、かつてのとびきりの美女で、腕の立つ料理人でもある、ただ今105歳のおばあさんの一代記。「フォレスト・ガンプ/殺戮の20世紀編」みたいな感じ(なんだそれ)。

読者

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a79b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dB30ed6db d9e4 45a3 a5a5 03505f2b2f44314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 6人

文芸

ギケイキ: 千年の流転

ギケイキ: 千年の流転

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

くすっと笑ってしまうような台詞、おいおい!と、突っ込みたくなるような、展開。しかし、途中で断念してしまいました。違う町田さんの本を読んでから、再チャレンジします。

約17時間前

9caf742c 2836 4270 9538 d4a9b6538b1625e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9fC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 31
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037

sa kana

電子よりも紙派です

楽園のカンヴァスやジヴェルニーの食卓のように、知的好奇心をくすぐる作品ではないが、母や妻、娘、キャリアウーマンなど様々な立場の女性たちを静かに表現した作品。 個人的には『長良川』がとても良かった。喪くした夫を愛し、愛された記憶が蘇る場面は、涙なしでは読むことが出来なかった。

約17時間前

9439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116a34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 42