Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31dwgzrcttl

年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる広告代理店OL…。恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。... 続き

コメント

恋愛小説はちょっと…って読まず嫌いしてた本。結局、もっと早く読めばよかったと後悔。

タイトルに惹かれたこと、気になってたルミネのコピーライターの方が書いたとのことをここで知って軽い気持ちで読み始めたけれど、どの短編も読後、前向きな気持ちになれる素敵な小説でした。こんなセレクトショップあったらぜひ行ってみたい。そして、自分にあった服をコーディネートしてもらいたい

このタイトルの威力。
気になる人ができた瞬間に毎日のコーディネートがその人を意識したものになる。

それとは反対に自分の似合う色、形、見つけていきたいなあ。

思い浮かぶ顔があるならば、それはそれで幸せ、ってことだと思うのです。

ルミネ広告のコピーライターの方の短編集。結論が出ていないので、読後の想像が止まらない。

服をキッカケに変わっていく女性たち。同時に、自分もポジティブになれる。
服を選ぶ基準は人それぞれだけど、相手を思って選ぶのって楽しいしワクワクする。そんな気持ちが溢れていて共感できる。
恋をするって素敵だなぁ。

難しい表現は一切されていないのに、ぐっとくる。前を向いてる女性って本当に素敵だなあ。

ハッピーエンドじゃなかったとしても、ハッピーなお話たち。

タイトルのセンスに惹かれて買いましたが、読んでいくにつれて中身にも惹かれました。アパレル目指している方にも是非。

口コミを見てみなさん好評価だったので正直驚きました。
私もタイトルに惹かれて購入しましたが内容が余りにも大人の女性の夢物語というか
若いいい男に年上の冴えない女性が恋をする、長年の不倫相手と上手くいく?などと余りにも都合のいいもので私は駄作だなと思いました。

大切に毎日を過ごしたくなる短編集。分かりやすくてスッと世界に入っていける。各ストーリーごとのコピーも染みる。

一気に読みたくなる本。
素敵だった。一話目がぐっときた。

尾形真理子さんのコピーは、色っぽくて好き。
恋する気持ちを気付かせてくれる。

コピーが物語にすっと溶け込むかんじがしてすごく心地良い。
甘くなさすぎず、大人すぎず、気張らず読める恋愛小説。

読者

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400B0386208 3426 4d5d 8575 45a6bedc1b8b991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholder1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b5Icon user placeholder 113人

文庫

天空の蜂

天空の蜂

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2

Na☆

電車に乗っている時が主な読書時間…

「いってみれば国全体が原発という飛行機に乗っているようなものだ。搭乗券を買った覚えなんか、誰もないのにさ。」というセリフは、原発についてのとても分かりやすい例えだと思う。 ではどうするか?非常に考えさせられる本。おすすめです。

約7時間前

6ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef45F94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 40
あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

映画原作として読もうと決めたのだが短編の中に存在する「ルール」を紐解くのに毎回時間を要した。そこが紐解かれると中毒性のあるストーリー展開。好きなのは「理解」だけど、まず読んで頭に入ってくるのは「地獄とは神の不在なり」ではないだろうか。

1日前

B14d92bb c3ab 4b6b 8ed0 65eec5c1126cF641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01acA4671bc5 c21f 49a5 810b 862935e4d2ba 31
幸せの条件

幸せの条件

0d2cbd21 dd74 45aa b6f9 a0077e2bf824

最近初めました

仕事も恋も全てが中途半端だけど、不便がないからとその現状を特に変えようとしなかった主人公が、本当の「幸せ」に気付く話。 東京でOLをしてた主人公が、会社に半ば追い出されるように長野の農家へ出張を言い渡されることから始まる。 初めは中途半端な主人公の性格に共感しつつ少しイライラすることもあったが、色んな人と出会って、色んなことを考え成長していく主人公を最後にはとても好きになれた。 誉田さんの作品を読むのは武士道シリーズから2作目だったけど、武士道シリーズ同様登場人物が凄く魅力的だった。 特に会社の社長は無茶苦茶な面もあるけど、大切なことを教えてくれる人生の先輩のような人で、個人的に凄く好きな登場人物の1人。 特に428ページと429ページの社長の言葉は、この作品の根幹とも言える。 このページは自分が道に迷った時や、落ち込んだ時には何度も何度も見返したいと思った。 中途半端な生き方に悩んでいたり、前に進みたくても進み方がわからない人に対して、優しく温かく背中を押してくれる作品だと思います。 もしそういう状況に居てる方には、気分転換ついでに是非この作品を手に取ってみて下さい。

2日前

D81b3ea6 da9a 46a7 a154 b3cccb67b4ca11ee85c4 d728 4c04 88a3 e3bd08ca9df6Icon user placeholder 13