51fyhhs9zzl

いま、学ぶべき教養とは何か?現代人必須の7科目とは、「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」。この7つを貫くのは、「... 続き

コメント

宗教、経済、宇宙、病気……大昔から人間を取り巻き、そして多大な影響を与えてきたこれらのことを、もう一度「教養」としておさらいしませんか? という内容の本。

一冊の中で複数の分野を扱うため少々浅いが、手広く教養が身につく。我々人間はそもそもどんな生き物で、これからどうやって生きていくのか、人間史を俯瞰しながら考えるきっかけになるはず。

知ってるようで知らない事を分かりやすく教えてくれる。特に宗教関連は勉強になった。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」多様な歴史観があることを理解し、歴史を批判的に眺めながらも、学ぶべき知見は現代に生かす。日々学び、積み重ねるべし。

生物、歴史、宗教、科学・・・
様々な観点から我々が知るべき教養を池上さんらしく優しく解説してくれています。

僕のプロフィール欄の言葉のイチブは、この本の中で出逢った言葉です。

知ってることの若干外側を、沢山学ぶことが出来ました。(僕が無知なだけですが)

この本を読んでると、
2000年前キリスト
1400年前ムハンマド
から
400年前のガリレオとキリスト教
現在の イラスム国の背景
オバマ大統領の政治スタンス

など、歴史と今が感覚的に繋がります。

ヒッグス粒子や人類起源の話を同じ1冊の本で読むことで、2000年前とか割と最近じゃん!とか思ってしまいました。笑

単純に 池上彰さんの本は面白いので、もっと読んでみます。

ずいぶん前に買ったのを今更読んでみた。
非常にわかりやすく簡潔に、幅広い教養をさらうことが出来て、読んで良かった。

池上さんの本は、読みやすいですよねね。読書の立場に立って書かれているので、普段興味が無い事項でも楽しく読めます。

読みたい本が無い時、池上さんを読む私。確かにそうだわが目白押しの1冊。
分かりやすいしね。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderE4b411e4 764c 432f 8866 16db6ba697cd24f0c412 4bbe 401a 9dc8 305c4d1f3667D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe00dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812cc640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholder 54人

池上彰の本

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

主に2017年上半期までの世界的出来事を池上彰さんが解説。 現在問題になっているイスラエル米国大使館のエルサレムへの移転、そのどこが問題なのか、トランプ大統領はなぜ当選したのか等が、非常に分かりやすく腑に落ちた。 世界が分断されていく現状をどう解決すべきか考えていかなければ、と感じた。

7か月前