51ejgesrjcl

14歳で作家デビューした過去があり、今もなお文学少女気取りの栞子は、世間知らずな真実子の憧れの先輩。二人の関係にやたらイラついてしまう美人で頑張り屋の美里... 続き

コメント

えぐい、えぐすぎる。
柚木さんの女性同士の絶妙な関係性や、特有の習性を書き切るその筆力には、毎度圧倒されっぱなし。
まさしく、”けむたさ”がありとあらゆる手法で描かれてて、読んでてうわあ、ってなる。
”煙草消して下さい”

女子の世界。栞子に嫌悪感を感じるのはその気持ちがわかるから。

先輩の痛さより後輩のえげつなさが冴えています。

女の意地汚さを描かせるとピカイチ。

三者三様の女性が登場することで、各々の人間性の光と闇を浮き彫りにしている。エピローグ含めた読後感は真っ二つに割れそうなのが面白い。ちなみに個人的には、唐突感ありすぎて後味悪くなっちゃった側です。純粋さって、それがそのまま鋭利に研ぎ澄まされていっちゃうから底知れない感じがあるなあ。共感できてしまうのは栞子みたいなフツーの人間。

うわーって言っちゃうようなリアルな人間模様。女性って怖い!

最初の30ページほどは「この小説にオチはあるのだろうか」という感想を抱きつつ、読みやすさのままに読み進めたところ、最後のオチに最高に痺れされられた。
3人の女子大生の大学生活と就職までの期間が描かれたストーリーで、3人の美意識は全く異なるものだ。どの美意識も、良い点は眩しく悪い所は歪で、人間的な魅力に富んでいる。
この3人の視点が入れ替わりながら進むので読んでいて全く飽きない。
私としては、退廃的な女性栞子を「私が守らなくちゃ」と慕い続ける多才で健気な後輩である真実子の心情が理解し難く、もっと掘り下げて描いて欲しかった。真実子のことがもっと知りたい。

読者

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fA42ef59b a60f 407e aff7 2ca5e299061c63353e1a 64d8 4d21 bf6d 3bd125f25571D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0Icon user placeholder640242fa 6286 418c b594 2a6eb21e57cfD535ad84 5004 4c3f a484 be1082a52e55 23人

柚木麻子の本

幹事のアッコちゃん

幹事のアッコちゃん

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

2日で読了。アッコちゃんシリーズはサクサクいける。そして気軽に読める。柚木さんの作品はずっしりとした重いのものが好みだが、それでも柚木さんの本は新刊出た途端買ってしまう。そしてすぐ読みたくなってしまう。

2か月前

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd 12
ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

文庫化を待ち望んでいたので見つけてすぐゲットしました。ちょっと読むつもりが展開が気になって気になって仕方がなく、のめり込むように読んでいました。 心を抉られる場面が沢山ありすぎて書ききれませんが、個人的には栄利子がガラスに映る自分の姿を見つけたところでサアッと血の気が引きました。これまでのシーンを思い返すと全てが違って見え、より恐ろしくなるような衝撃でした。。 栄利子も翔子も求めるものの終着点は同じ。言葉にできない自尊心や疎外感や社会カーストを全て栄利子や翔子が発する言葉、行動で示していて突き刺さりました。本物の衝撃作です。柚木麻子、他作品も読んでみよう。

9か月前

16496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b7E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2 40
さらさら流る

さらさら流る

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

後で一人思い返す宝石のような夜が誰にでもあると思う。そんなかけがえない夜を覆うような染みが突然拡がっていって窒息しそうになりながらも捨てることもできない。 自分もちょうど主人公達と同じ年で生きてる時代もぴったり当てはまり好きな作家の作品でそれが描かれて嬉しく思う。年齢の焦燥感は感じず、どこまでも広がっていく可能性を感じた。 どうにも偽れなくなって沈めていた本当の自分で人と向き合っていく事が一番怖い現実だし、進むべき現実だと思った。

11か月前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc21060afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76 19