Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51siswznzgl

コメント

ゲド戦記に近く、それより面白いのでは!と、はまった記憶があるが、細かいところまで覚えてないのでまた読みたいと思ってる一冊。まじめで、程よいSF感な筒井康隆。

【私たちは、身一つで、ラゴスと一緒に旅に出ちゃえばいいのだ。筒井さんが、ちゃーんと物語の終わりまで連れて行ってくれる。】
最近、「なんかオススメの本ない〜?」という漠然とした質問をされた時、この本をオススメしている。
普段から本を読む人も、あまり読まない人も、日本文学しか読まないって人も、エンタメ小説が好きな人も、海外文学ご贔屓な方も。
みんな楽しめる。

淡々と語られるラゴスの旅路。この本の世界観をすっと理解させながら物語を読ませる技量が素晴らしいです。

一人称が変わる転機。
本当に一人の人生を旅する感じ。

少なめのページ数にこれだけの物語を、違和感なく詰め込める文章力に驚き。

自分もこんな最期を迎えたい

SFなのにとても常識的な価値観で世界が生きていました。壁抜けや瞬間移転などの様々な超能力も、個人差はあれど人間が持つ能力の一つとして受け入れられ、合理的に使用されています。
そのような世界観の中、ラゴスの旅の途中から人生の終着点付近までを、淡々と描ききった作品です。
実際に旅を追体験したかのような不思議な読後感です。

適当な筒井先生の作品を愛してるけど、これは筒井先生の本気をみた。むちゃくちゃ面白い。

なんとも不思議な感じ。世界観に慣れるのまでは⁇だけどかなり好き。

筒井さんの作品にしては珍しく子どもにも大人にも薦められるシンプルなファンタジー。
でも筒井作品らしくはないし、一番最初に勧めるのはどうかな、、、と思う。

少年時代に読んで、スピルバーグに映画化して欲しいと思った想い出の一冊。我が子にも好評でした。

ガリヴァー旅行記読んでるみたいだった。なら、ガリヴァーのほうが奇天烈だったかなという感じ。筒井作品、合わないかも。

景色が目の前に広がる SF?ファンタジー?でありながら現実感を伴って地球の未来とも過去とも取れる世界へと僕らを誘ってくれる

静かにはじまり、静かに終わる話しでした。
旅の面白さをガリバー旅行記のようなテンポの良さで読めて、ぞんぶんに楽しみました。

ひさびさに、読み終わりたくない!と思うほどはまりました。
含蓄のあるSFというかんじ。

色々教わることがあるような気がする。世界、政治、人生とかいろいろ。

【ラゴス曰く】
まことに、歴史というのは学問をしようという者にとってすべての学問の基礎であり、最初の学問ではなかっただろうか

読者

Icon user placeholder559f5daf dea3 4082 bea9 64a5e555effaAa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbAf23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f3e6a4b83 9131 4cab 8a02 51de34052e111ced5059 a191 48ec 9fe2 faa60419e8aaIcon user placeholder 152人

筒井康隆の本

笑いの力

笑いの力

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

期待していた内容とはちがった。 でも「笑い」について、もっと知りたい学びたいと思わせてくれる内容だった。 ユーモア、大事。

26日前

にぎやかな未来

にぎやかな未来

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f

Karma

本は人生の先生でありお友達

初めて読んだのは小学生の頃。子供ながらに筒井氏のユーモアのセンスに感服したものです。今でも楽しめる短編集です。

約1か月前

創作の極意と掟

創作の極意と掟

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

頼むからわたしの書いた小説を読ん…

ずっと小説を書いていたが、なんとなく自分のことが信用できなくなってきて、ちょっと辛い気分なので、小説指南本のようなものを手に取ってみた。 - 筒井康隆、さすが最近のものから古典のものまで数多くの小説や書評を読んでおられ、ちょっとしたブックガイドにもなっていて、筒井康隆好きには堪らない一冊だろう。 - ただ、自分は筒井康隆「懲戒の部屋」と「フェミニズム殺人事件」しか読んだことがなく、(なんでこのチョイスなのだろうか自分でも不思議だ)居酒屋で力士の悪口を言ったら延々と追いかけられる話だったり、通俗的なミステリだったりして、それほど面白さを感じていない。 - それと、なんとも、テクニックを重視しているというか、内なる創作衝動から、というよりも、あたらしい技法を思いついたからこれを試してみよう、という感じがどうにも苦手であまり… - いや、でも良いなあ、小説家。

2か月前

991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059db200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0