Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51siswznzgl

コメント

ゲド戦記に近く、それより面白いのでは!と、はまった記憶があるが、細かいところまで覚えてないのでまた読みたいと思ってる一冊。まじめで、程よいSF感な筒井康隆。

【私たちは、身一つで、ラゴスと一緒に旅に出ちゃえばいいのだ。筒井さんが、ちゃーんと物語の終わりまで連れて行ってくれる。】
最近、「なんかオススメの本ない〜?」という漠然とした質問をされた時、この本をオススメしている。
普段から本を読む人も、あまり読まない人も、日本文学しか読まないって人も、エンタメ小説が好きな人も、海外文学ご贔屓な方も。
みんな楽しめる。

淡々と語られるラゴスの旅路。この本の世界観をすっと理解させながら物語を読ませる技量が素晴らしいです。

一人称が変わる転機。
本当に一人の人生を旅する感じ。

少なめのページ数にこれだけの物語を、違和感なく詰め込める文章力に驚き。

自分もこんな最期を迎えたい

SFなのにとても常識的な価値観で世界が生きていました。壁抜けや瞬間移転などの様々な超能力も、個人差はあれど人間が持つ能力の一つとして受け入れられ、合理的に使用されています。
そのような世界観の中、ラゴスの旅の途中から人生の終着点付近までを、淡々と描ききった作品です。
実際に旅を追体験したかのような不思議な読後感です。

適当な筒井先生の作品を愛してるけど、これは筒井先生の本気をみた。むちゃくちゃ面白い。

なんとも不思議な感じ。世界観に慣れるのまでは⁇だけどかなり好き。

筒井さんの作品にしては珍しく子どもにも大人にも薦められるシンプルなファンタジー。
でも筒井作品らしくはないし、一番最初に勧めるのはどうかな、、、と思う。

ガリヴァー旅行記読んでるみたいだった。なら、ガリヴァーのほうが奇天烈だったかなという感じ。筒井作品、合わないかも。

景色が目の前に広がる SF?ファンタジー?でありながら現実感を伴って地球の未来とも過去とも取れる世界へと僕らを誘ってくれる

静かにはじまり、静かに終わる話しでした。
旅の面白さをガリバー旅行記のようなテンポの良さで読めて、ぞんぶんに楽しみました。

ひさびさに、読み終わりたくない!と思うほどはまりました。
含蓄のあるSFというかんじ。

色々教わることがあるような気がする。世界、政治、人生とかいろいろ。

【ラゴス曰く】
まことに、歴史というのは学問をしようという者にとってすべての学問の基礎であり、最初の学問ではなかっただろうか

読者

092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f9E51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87aB0d42596 155b 402b 8408 aab00b111f689e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6dd7eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9eAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82fBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b77f51409 4b4d 4122 9a71 3913d352d3f4 132人

筒井康隆の本

510jvdzveyl

創作の極意と掟 筒井康隆

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

テーマの多さに惹かれて購入。テーマが多いということは、それだけの技術があるということ。 残念ながら、実は作者の小説を一冊も読んだことがなくて(それでまあよく買ったもんだと思います)、「おおお、あそこは…こう考えていたか!」的驚きを感じられなかったので、次は彼の小説を読みたいところ。

20日前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb
51rdvh3vhdl

エロチック街道 筒井康隆

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

筒井康隆の実験文学短編集。実験的なのは言語的なものもそうだし内容的にもそう。奇想、というよりは変なアイデア。思いついたから書きました、というような。 筒井康隆はこの本を含めて三冊しか読んでいないが(うち二冊が長編)、長編の方が面白い気がする。 気に入ったのは、遠い座敷、時代小説、ジャズ大名。

3か月前

51tg9q90mwl

文学部唯野教授 筒井康隆

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

講義の部分は勉強になる。文学批評ってこんな歴史があったんだと驚いた。 大学裏事情も見られて良い。こんな世界に入りたくないですねぇ。

3か月前

1a1c36e4 deeb 48ba bdb7 f9b670c2d04d705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c55dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f 8