51iylbiytkl

コメント

鍼灸師とプロサーファーを両立させている、カリフォルニア暮らしの日本人、南秀史郎さん。彼が生きたこれまでの道のりを、ストレートに書いている本。無駄にカッコつけた自伝ではないので、逆に納得させられ、説得力もあり、親近感が持てます。好きなことをやりながら生きていくためには、どうしたらいいのか。サーファーや鍼灸師になることに全く興味がない人にも参考になるポイントが満載です。やりたいことの優先順位を決め、そのための方法を日々工夫して続けることの大切さ。夢などではなく、現実に地に足をつけて歩む歩き方が描かれています。やりたくない仕事に縛られて病気になってしまう方が、よっぽど地に足がついてないのかも。むしろそれは、地に足を縛り付けられてコンクリート固めにされて逃れられないってことなのかも。
ちゃんと、自分の生き方くらいは、自分のためにしっかり考えて、生きていこう。

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

社会

台湾とは何か

台湾とは何か

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372

michi

建築設計事務所勤務

先日台湾へ行き、若い人達による様々な活動が印象的な場面が多かったです。 日本において政治的にタブー視されたことは長年の思考停止を生み、台湾についての色々な誤解がある事自体を、僕らが認識出来ていないこと。そしてこの本を読んで、台湾自体にもタブー視はあり、そこから抜け出してまだ浅いのだと知りました。 台北や高雄だけでなく、周辺の様々な地域が注目され、地方でこだわった店舗や民宿などを経営する若い人達の活動があります。これからの台湾は、ますます面白くなって行くのだと思いました。

3日前

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b145520d9 ce7e 4cb7 be9e 47388ee0906c