41ajxlbzrdl

引っ越しの朝、男に振られた。やってきた蒲田の街で名前を呼ばれた。EDの議員、鬱病のヤクザ、痴漢、いとこの居候-遠い点と点とが形づくる星座のような関係。ひと... 続き

コメント

表題作よりふたつめの短編の方がすき。どきどきする。
たまに読み返す本です。

大好きな絲山さんの第1作、言葉は何ひとつ難しく無いのに、比喩が独特で印象的。
デザートじゃないんだから、大事な話を最後にしないで。

読者

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d538aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2140f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609 3人

絲山秋子の本