51oklvkru1l

コメント

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

読者

E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 44人

角田光代の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

14日前

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453 22