51oklvkru1l

コメント

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

読者

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholderAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad56293602ae9b b665 40b2 a8e2 9afc24bd0e6dB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b8999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed10690dd42c5 3a41 4930 b59a 93fd47c0995c 38人

角田光代の本

対岸の彼女

対岸の彼女

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学4年 理系

歳を重ねるごとに人と関わることを億劫に思う気持ち、とても良くわかります。過去に傷ついた経験が大なり小なりそれぞれあって、足枷になって、臆病になってしまう。そして、そんな世間の理想像とかけ離れた自分の姿に嫌悪感を抱いて、自分の殻に閉じこもってしまう。悪循環。そこから抜け出すためには、対岸の向こう側にいるような正反対のだれかに出会い、向き合い、繋がることが必要なのでは。 いや、例え意味の無いことだったとしても。 「また出会うために、前に進もう」

8か月前

Icon user placeholderE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4Icon user placeholder 21