Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51pea4kfsyl

星野一彦の最後の願いは何者かに"あのバス"で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上... 続き

コメント

悩みや悲しみを全部つめこんで行くよ。僕を待ってくれているところへ。ここの誰も愛してくれないし、わかってもくれない。君と別れてこれからは幸せになりますよ。バイバイ、ブラックバード。タイトル好き

癖になる短編集。何回読んでも飽きないし、何回読んでも面白い。ちよっとだけ甘酸っぱい気もします。

とても強烈なキャラの繭美ちゃんとは関わりたくないなーとか思ったけど、読んでるうちに繭美ちゃんの言ってる事、やってる事がめちゃくちゃで開き直った性格が妙に頼もしく感じたりして…。でもやっぱり繭美ちゃんとは関わりたくないなって思ったり…。最後はエンジンかかれ!って祈りながら読んだ。

なんと言えばいいかわからないけど、とにかくおもしろい。

伊坂さんて、物語のパートごとにマーク(記号?)付けるの好きね。

読み進めるうち、主人公を苗字が同じというだけの理由で「星野源」を、
繭美をなぜか「マツコ・デラックス」(おそらく口調から?)に当てはめて読んでいる自分に気づきました。

小説は、享受する側が想像力を使わされるのがおもしろいところだと思います。演劇も然り。

僕は3話目が好きです。この話だけ異色な感じが(笑)

巻末には珍しく、伊坂さんのロングインタビューが付いています。

伊坂幸太郎らしい一冊。

ドラマ化されると聞いて読んだ。
星野は高良健吾で脳内再生されたけど、繭美がどうしても安藤なつだった。
全編 それで ってところで終わるので、何だか舞台を観てるみたいだった。
伊坂作品はあまり読んだことがなかったので読後すぐは戸惑ったけど、インタビュー読んだら納得しました。
自由に読みます。

5股していて借金まみれの主人公だけれど、なぜだか憎めない。
むしろ、好きだったりする。

再読。飛べブラックバード、闇夜に浮かぶ光の中へ

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dA4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44a4549cfe6 18ee 4128 b3ee 86ebdaecf81f772c80bb 38db 46d3 9cdd 83dcd0ebcdab1eac0daf a88a 4be4 ba7f 8a0ece441492C9fd7e93 a96f 40f7 a00a 1d312bccfdcf 34人

伊坂幸太郎の本

残り全部バケーション

残り全部バケーション

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

短編の繋がり具合が個人的にかなり好き。 それぞれの物語も憎らしくなるくらいに絶妙。 いいタイトルだよね。

3か月前

514e1d85 e880 4424 85e6 179407f86a6015c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa36c477ff 4d1a 4b24 be79 c0cb38a13e5a 15