Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51idjeczg0l

【文学/日本文学小説】書籍編集者の鳴木戸定。彼女は幼い頃、紀行作家の父と行った旅先で特異な体験をする。不器用に生きる定はある日、自分を取り巻く世界の素晴ら... 続き

コメント

特殊な環境で育った子なんだけど、何だかわかるかもって共感できる感覚があるとこが面白い。純粋な人って端から見ると変なんだな。

サイン本まだあった♡

不思議だった〜
最後の廃尊さんの言葉はよかった。なんかジーンときた。

定のような人と友達になりたい。
きっといろんなことに気づかせてくれるだろうから。

舞台が世界。地図的な意味で世界観が広い。そこが他の作家と比べて特異だといつも感じる。

冬から春へ
そんな印象で、独特な感性で進むお話でした。
静かで暗くて冷たくて。
だけど強くて、優しくて春の陽だまりの様な、ポカポカした気持ちになります。

ラストが、びっくりした!笑

「世間」から見れば異質な人々。「世間」というフィルターを通さず純粋に感じると、美しい心を持った主人公。ラストはそれを「世間の人たち」も感じることに。

久々に一気読みした。もうただただ圧倒された。文字が今にも動き出しそうで言葉が生き生きとしていて私の想像力を掻き立てた。
かなり異質な体験を重ね、常人とは違う感覚を持つ主人公に周りは気味悪がっていたが、だんだんと惹かれていった。確かに私もその不気味さから思わず読み進めたが、最後にはこの主人公の自由さ、ぶれなさが羨ましいと思った。言葉は本当に奇跡みたいなもので、すべての事象が言語化できるわけではない。体が体験していても言葉に表せないその何かについても見過ごさずに大切にしていきたい。

西さんの作品は毎回「生」を強く感じる。

言葉は怖いが美しい。ますます本が好きになった一冊。

主人公の定は変わり者扱いされていても全く不幸そうではなかったけれど、話が進むに連れて定に変化が起き、周囲の人たちに少しずつ受け入れられていく様をとても嬉しく感じる。読み進めるうちに私もまた、定のことを好きになっていた。

表面的な出来事だけをみると、グロくて異常な話に思える。でもその奥にある感情や人間性の表現が突き抜けている。西さんすごいわ…

読者

0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18Icon user placeholderF87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740033d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholderIcon user placeholder1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520 41人

西加奈子の本

サラバ! 下

サラバ! 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/11/30 読了 自分語りの文体が心地よい。奇抜な姉の行動も気になり、グイグイと物語に引き込まれる。最後は読者にぶん投げても良かったかなぁ。

約2か月前

441eeb00 70ed 4f8a 952a ea945c6d742aIcon user placeholder0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18 20
十歳までに読んだ本

十歳までに読んだ本

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

みんな昔はちいさな子供で、本の中で繰り広げられる物語にドキドキ、わくわくしていたんだ。 幼い頃の読書経験は、確実に今の彼らを形作ってる。私もそうであるように。

3か月前

27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874B0d71fe1 59fb 4540 9b5f 9b77bc8cc06eF952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44
サラバ! 上

サラバ! 上

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

ぱんだお

歴史、ファンタジー、ノンフィクシ…

姉の奇抜っぷりはまさに非日常的だけど、彼女を見つめる主人公の弟くんの考え方や周りの人の行動は本当に人間的で考えさせられることが多い。 舞台はイランやエジプトがでてきて、普通の場所ではないけれど、どんな家族でも抱えるような問題や悩みが描かれている。もうとりあえず駆け抜けるように読み終えました。下巻も楽しみ。

3か月前

7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dD388536e b831 46ce b265 8cd6787557fdE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4 31
短編学校

短編学校

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/10/19 読了 少年・少女が大人になる瞬間を描いたアンソロジー。米澤穂信、本多孝好、関口尚、辻村深月、今野緒雪、それぞれ楽しませてもらった。それにしても、なんでこの短編集のタイトルが学校なんだ?

3か月前

7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4Icon user placeholderIcon user placeholder