51e9z6l5ezl

「明治」は、清廉な"公"感覚と、道徳的緊張=モラルをもっていた。維新を躍進させた坂本龍馬、国家改造の設計者・小栗忠順、旧国家解体と新国家設計の助言者・勝海... 続き

コメント

最近は明治維新に批判的な本もありますが、やはり日本にとって必要な革命だったと思います。

読者

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

司馬遼太郎の本

義経〈下〉

義経〈下〉

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

中盛無料と戦う日々、時々大盛

絶頂から鵯級の転落を経て、最期の悪へ。 作者の一貫する「残念な子」認定に納得しつつも、やっぱり先生の書く九郎義経は魅力的。落ち行くラスト、門前での暇乞いが美しい。どうしようもない馬鹿さがその所以なのか。個人的に、平知盛の不運が破格。

15日前

D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b937eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
大盗禅師

大盗禅師

Icon user placeholder

Kenichi Ietsugu

司馬遼太郎さんの小説は全て読みたいが、これは途中からストーリーについて行けず断念。兵法を磨く主人公浦安仙八の夢物語

23日前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947E838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb