41vqircfnsl

高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの大刀洗と合流して取材を開始するが、... 続き

コメント

太刀洗万智シリーズ!初見ながら、こんなに面白いのは久しぶりかもしれない。さすが旬な作家の手によるもの。まさに粒ぞろい!

読者

Eae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cE56631c9 fb84 4b0d bf25 cefa70d7355e5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e 6人

米澤穂信の本

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

5か月前

03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86 8
満願

満願

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

松本清張の有名な短編を手にした時の気持ちが蘇る。って帯に惹かれて購入。驚異の三冠だってさ。 途中でやめました。

9か月前

7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dC06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a59 68