51tnjzut6sl

コメント

「はじめてのひと」
泣いた。切なくて、温かくて。でもやっぱりせつなくて。
プロットとしてはベタ(亡くなった伯母の押入れから開けるなと書かれた頑丈に密封された箱が出てきて、色々と想いを馳せる)なんだけど、素晴らしい。主人公の置かれた環境とか、自分を見つめ直す感じとか、少しほろせつない感じとか、秀作すぎる。前回までのシリーズも良かったけど、今回の読み切りも良かった…!谷川史子先生…っ!
私だったら絶対元カレと一緒になるなぁ笑。いや、やりたいこといっぱいあって優先順位がって話は学生時代の自分とリンクしてわかるとこあるけど。
伯母さんは切ない。箱に、忘れられない人との思い出を詰めて、それでも時代柄別の人と結婚することも拒否することなく、自分を律したんだろうな。そして伯父さんも、叔母さんの想いを尊重して開けることなく。そういう人だからこそ、幸せに暮らせたのかもしれないね。強くなりたい。

「美食探偵」「モーメント」
安定の面白さ、楽しい。話動いてきた!

「はらペコとスパイス」
おなか空いてくる

「エンゲージピンク」
最終回とか、ショック!!
確かに広げられなそうなストーリー展開ではあるが…。毎回楽しみにしていただけに。

それにしても、まさか先生と結ばれるなんて年の差ありすぎだろ!笑
オトナ女子漫画らしからぬ展開に思わず「えぇぇー!?」となった。久しぶりに漫画読んで声出した。衝撃。いや、先生好きだったけどさ。
久しぶりに全く知らない作家で良い漫画だと思った。絵も可愛い。単行本出たら買おうかなあ。

「クローバートレフル」
オトナ女子っぽい、辛い…。
人との、男女の関わりで、一度繋がった人とら夢だけ見てはいられないのをありありと見せつけられてひたすら辛い。。と思ったらヒーロー帰還。
こっちはエンゲージピンクと違って王道を辿りそう。こっちはそれだとつまらないんだよな…。

読者

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

雑誌

小説すばる2018年8月号

小説すばる2018年8月号

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

荒木飛呂彦対談を読みたくて図書館で借りる。クリエイター間のスタンド合戦は面白い。絵金を荒木飛呂彦先生が知らなかったのには驚いた。そして、和服は描くの大変、って語り、今後の作品でどう反映されるか気になるところ。

約1か月前