61wg2ibofql

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」――憧れのクラスメイトにそう指摘された少年は、この日を境にうまく笑えなくなった。 Web... 続き

コメント

読みはじめたらとまらなくなって朝まで読んでしまった。赤裸々に列ねつつも、そこにはユーモアと愛があって、バカ正直に恋愛をしている爪さんが、男が、羨ましいと思いました。明らかに私(女)にはない感性を持っていて、それはもう惹かれてしまう。汗臭くて男ならではの正義感プンプンの作品、ぐっときました。きてます。かっこええ…すごいよ爪さん。

アスカの最後の言葉が良かったな。
あと、アサリ四天王のエピソードも好き。

読者

Eca5c9ee 0499 453e b559 a47128ed5157C9c63254 f35c 457a 9958 e01a2042b55d7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d278682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c3e0c4efb ff04 497a 8d0a 34dfaede7ec329336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463 14人

文芸

国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

活弁士が語ってくれるような、喜久雄の青春時代。映画のコマが流れるように、芸の道を懸命に生きる若者達の姿を映します。

約5時間前

Icon user placeholderC69530f2 0e55 4895 8e66 fc620d897971
日本永代蔵

日本永代蔵

D2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

sakupan♪

綺麗なもの、可愛いものたちを偏愛…

井原西鶴好きな私の原点。 短編のくせにポンポン話が飛ぶ、また主語が分かりづらいのでなかなか読みづらいですが(笑)、商人たちのシビアな渡世術に笑ったり、呆れたり、感心したり。 そして、いつの世も、傾城に鼻の下を伸ばすとろくなこたァありませんな。

約7時間前