61wg2ibofql

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」――憧れのクラスメイトにそう指摘された少年は、この日を境にうまく笑えなくなった。 Web... 続き

コメント

読みはじめたらとまらなくなって朝まで読んでしまった。赤裸々に列ねつつも、そこにはユーモアと愛があって、バカ正直に恋愛をしている爪さんが、男が、羨ましいと思いました。明らかに私(女)にはない感性を持っていて、それはもう惹かれてしまう。汗臭くて男ならではの正義感プンプンの作品、ぐっときました。きてます。かっこええ…すごいよ爪さん。

アスカの最後の言葉が良かったな。
あと、アサリ四天王のエピソードも好き。

読者

E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d20dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c3e0c4efb ff04 497a 8d0a 34dfaede7ec329336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Bf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00a6a1aead0 6984 4aef a502 6877712c13468a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e454421 12人

文芸

妻が椎茸だったころ

妻が椎茸だったころ

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

妻が椎茸だったころが1番好き。 料理をしていると感じてくる雰囲気も重なる。 猿宿もハクビシンも英語力の低さのせいでやんわりとしかわからない話もすべてが独特だけど皆理解できる空気のある本。お気に入りの本に。

1日前

Icon user placeholderC477fbc7 4906 444f 8822 1ae20345f0c47e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d 12
負け逃げ

負け逃げ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

沢山の本が読めますように。

連作短編。「僕の災い」「ふるさとの春はいつも少し遅い」が良かった。

2日前

十二番目の天使

十二番目の天使

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

はじめの3行読んで、「二度目」だと気がついた。 ストーリーは典型的な「泣ける」である。私は、泣ける本に泣かされるのは嫌いだけれど、そんな重かったっけ? 読後、不思議な清涼感! ああ、そうだった。これだコレ!と納得。 そーですね。そーです。はいはい。 しっかり泣いてしまいましたよ。 地道にチャンと生きることを誓います。

2日前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Icon user placeholderCe5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9 12
三人屋

三人屋

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

三人姉妹。ラプンツェル商店街。 両親が残してくれた喫茶店「ル・ジュール」。 ル・ジュールで、三人姉妹が下から順に、朝の喫茶店、昼のうどん屋、夜のスナックを切り盛りしている。 仲が悪いのか? 当人達も、しっくりいってない風だけど、三人姉妹は、よく似てるし、何より家族愛が深い。あまりにも愛が深すぎて各々溜め込みすぎなところも。 でも、姉妹や姉妹に関わる人達が、足りないところを、いい感じで補いあって。 人情味溢れてます。

2日前