51vetyi1kkl

上下関係も、売上目標も、予算もない!?従来のアプローチの限界を突破し、圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。膨大な事例研究から導かれた新たな経営手... 続き

コメント

これは力作だった。

3回読んでも、新しい感動を受ける。
また、期間をあけて再読しても、新しい気づきをもらえそうな予感がする本だ。

ケンウィルバーが推薦文を書いて、日本語翻訳までされた本なので、ただの「新しい組織構造の事例集」では終わらないと思っていたけど、ここまで素晴らしいとは思わなかった!!

具体的な事例もたくさん載っているが、個人的にインパクトが強かったのは第1部の「過去と現在までの組織モデルのパラダイム変換」の概念だった。

原始生活から今までの、人類の進化パラダイムと組織モデルの変化を見事に体系化している。

「受動型」
「神秘型」
「衝動型」
「順応型」
「達成型」
「多元型」
「進化型」

「ホマクラシー経営」など、一般的に型破りに思われている経営手法も、そこに至るまでには歴史がある。

人類が作り出したものには、変遷がある。

ところが、組織モデルとなると、日常生活では空気みたいに存在を意識せずに過ごしてしまう。

しかし、当たり前の様に組織モデルにもイノベーションが起こり、パラダイムが変わる。
変わらないものなどない。

日本の政府とか、自治体とかのガチガチの保守的な組織が、こういったパラダイム変化を受け入れて進化したら、面白いのになぁ。

そんな妄想もしてしまった。

難しそうな言葉は、作中で解説してくれているので、組織で働く全ての人に読んで欲しい本だ。

読書に慣れてない人は、読破するだけでも「一皮向けた」感覚を味わえると思う。

超オススメの本!!

権限はなくても意志を持ち続けることで進化型組織は作れるかと思う。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder386f3cbb 66cb 479b b6dc 32fc37a92dfeIcon user placeholder36e740e9 66bf 4e9f 945e 0a46b8082154Ec84d964 6a3d 4fed a6e5 2da9d983bb39F64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f04be53266 01db 4f3a 8e7a 33a7cd89030c 42人

ビジネス

どんな人も思い通りに動かせる アリストテレス 無敵の「弁論術」

どんな人も思い通りに動かせる アリストテレス 無敵の「弁論術」

6ff329f9 13e0 4dee 836a a5ef20a1de8d

Sogo Iwahashi

読書感想文を書きたくて始めました…

弁論術は古代ギリシアのアテナイで本格的に花開くことになる。アテナイでは民主化が確率し、法律を作る民会とそれを適用する法廷が作られたからだ。さらに当時は今のように政治家や弁護士のような専門家おらず、市民自らがこうした場に参加することが求められ、弁論を行い、人を説得する必要があった。 そんな中、ソフィストと呼ばれる弁論術の教師が出てくることになる。 プラトン、そしてその弟子のアリストテレス(紀元前384年~)は、このソフィストとよぼれる弁論術の、議論によって本来明らかになるべき真理を覆い隠すようなやり方に疑問を抱くようになっていた。 プラトンとアリストレレスの違いは、その疑問をメソッド『=弁論術』として残したことである。 アリストテレスの弁論術によると、議論は正しいだけでは勝つことができない。以下の三つで成り立っているという。 ◆話す人の人柄 ◆聞く人の気分 ◆内容の正しさ  すなわち「誰もが共有する「常識」から論理を展開すること」「論理の正しさだけでなく「感情」が議論を左右すること」「言い負かすことを目的とせず、よりよい結論を導くこと」が説得にとって最も大切なことなのである。 「内容の正しさ」を示すための論理的な話し方には2パターンあり、それは「例証」「説得推論」である。 「例証」とは、あることについて主張したい際に類似例をいくつも挙げて主張の正しさを証明する方法である。 「説得推論」について、アリストテレスがすごいのは『トポス』という説得のテンプレートを準備したところである。以下はトポスの一例になる ------------------------- ◆定義のトポス 主張したいことの前に、「AとはBである」という定義をあえてさし込み、「だから~」と展開し、説得力を増すもの例)「そもそも人生はつらいことの連続だよ。(だから)うまくいかなくてもあきらめずにがんばろう」 ◆相関のトポス 「相関関係にある二つのことのうち、一方に当てはまることは、もう一方にも当てはまるべきだ」という前提に立つ例「偽ブランド品を売ることが悪いことなら、それを買うのも悪い ことだ。だから買うべきではない」 ◆比較のトポス 「AがBよりある事柄を持つ可能性が高い場合、その事柄を、Aが持っていないなら、Bはなおさら持てない」というもの 例)「プロ野球の選手が打てないんだから、草野球の選手が打つのはとても無理だ。だから、佐藤が打つのは無理だろう」 ◆分割のトポス あるものを分割・整理し、一つ一つについて論じるもの 例)「私が犯人であるためには、三つの要素が必要です。一つ、アリバイがないこと。二つ、動機があること。三つ、実行能力があること。しかし、まず私は犯行時間に現場から遠くはなれた温泉宿に泊まっていた。次に、被害者は私のビジネスパートナーで、いなくなったら困るのは私です。最後に、女性の私に男性を正面から絞め殺すのはとても無理でしょう。どれ一つとして当てはまらないのです。だから私は無実だ」 -------------------------

1日前

Icon user placeholder8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526