51xg9mlelnl

「早熟」「天才」と騒がれた女子高生は、今やどこにもいない。残されたのは、臆病で夢見がちな冴えない女-。「ないない」尽くしの私は、現実に向き合うことができる... 続き

コメント

自分の情けないところをさらけ出して、それでも表現し続ける。文月さんの言葉は柔らかいようでいて芯があるところが好きです。

読者

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048fe40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609234b9d1f e1f9 4a4c aba3 839dbfb06e3a 6人

文月悠光の本