51hvv4xea5l

最先端領域に宿る天才たちの壮絶なドラマ。歴史の背後に秘められた、暗号作成者と解読者の攻防-加速する情報戦争の勝者はいったい誰か?『フェルマーの最終定理』に... 続き

コメント

参考にしながら暗号を作成して、友人と文章をやりとりした思い出がある。コンピュータを使うのは作らなかったが、昔のものなら幾らでも作れて面白い

近代に入るとアルゴリズムを理解しにくくなるが、飛ばしても語りの強度がおちないのがシンのすごいところだと思う。暗号は身近。

興味深い内容ではあるけれどややこしい話は面倒だなと思ってなかなか手が出なかった本。たまたまきっかけがあり同じ作者の代替医療についての作品を読んでみたところ分かりやすい内容だったのでこれも手にとってみました。かなりの昔から文書による意思疎通に於いて第三者に内容を見られないようにする取り組みが行われていたことに驚いた。暗号の作成と解読、そして古代文明の文字をいかに解読したかの歴史が数学が苦手な自分のようなものにも分かりやすく説明されていてやはり上手い書き手だなと改めて感心しました。特に戦争における暗号解読者達の活躍やナヴァホ族の通信兵の話などは興味深かった。そして何よりの驚きはまだインターネットによる商取引が始まったばかりの頃に書かれた作品なのに量子コンピュータにまで言及されていること。この作品中ではいつか製品化されるだろう、とされていた量子コンピュータ(作者のわかりやすい説明をもってしても仕組みが良く分からなかったが…)も既に実用されつつある今、桁違いの計算速度で従来の暗号を即時に解いてしまい無用のものにしてしまうという新しいテクノロジーに対し暗号がどのように対応していくのか非常に興味深い。とても面白い作品でした。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cEebd9f48 6e32 443e a601 5003cb29e171E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb60970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a781b0761 3c2e 4ba8 90d3 d7681c625dc57d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfF066bc6d 6529 4a17 a125 c0007edde0ce 13人

サイモン・シンの本

代替医療解剖

代替医療解剖

06a06863 bf98 4b4e 9825 079c9ef1f3d0

Yuri Matsui

23歳!

今読んでる。疑似科学まわりの話ってなんか面白くてネットでもそのまわりの議論とかよくおっちゃう、宗教とかの話が好きな人なら面白さわかってくれるのでは。この本はガッツリ踏み込んで細かいとこまで踏み込んでくれるんじゃないかと期待できる

2年前

79e0ec9c aba5 4126 a659 4314b8e5c4fb08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c89124c62 4100 4a49 8e64 7ddc1784e1df 8