Btn appstore Btn googleplay
41k%2bxadyspl

望みどおりの結末なんて、現実ではめったにないと思いませんか? もちろん物語だって……偉才のミステリ作家が仕掛けるブラックユーモアと企みに満ちた奇想天外のア... 続き

コメント

タイトル通りにハッピーエンドはひとつもないが、だからといってアンハッピーエンドなのかというと、すべてがそうではない。
それぞれの短編ごとにオチがついていたり、風刺や皮肉が効いていたりと、読む者を作者の世界に引き込んでいく。
「葉桜の季節に君を想うということ」から入った読者にとって、最後に仕組まれるどんでん返しには、やはりさすがと唸らされる。

あたし、どうしたらいいのかな。こういうこと、はじめてだし46

読者

Icon user placeholder9056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec1071abaace c584 498d 84e5 e132c188cdecE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aIcon user placeholder0e27f352 c5d2 4655 aad6 a96c61963620F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124 8人

歌野晶午の本

白い家の殺人

白い家の殺人

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

冬の八ケ岳山麓の別荘で、深夜、可憐な女子高校生の死体が発見される。現場は密室状態で、不可能犯罪に見える。そこへ、青年探偵・信濃譲二が登場して調査を開始すると、それをあざ笑うかのように、またもや惨劇が。しかし、われらが探偵の名推理が冴えてー。新本格派、渾身の長編推理第二弾。

約2年前

動く家の殺人

動く家の殺人

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

名探偵・信濃譲二は、とある小劇団にマネージャーとして参加し、万能ぶりを発揮し始める。だが、特別公演「神様はアーティストがお好き」の初日、惨劇の幕が切って落とされた。次第に疑心暗鬼になっていく団員達。六年前の稽古中の死亡事故と関係が?信濃が命をかけて謎解きに挑む、傑作本格推理第三弾。

約2年前

家守

家守

1fed965f d985 401c b03c 7089cae60842

でこい。

不思議恐いのが大好き。

5話の短編、同じ作家の作品とは思えないほどそてぞれに印象が違う。ジワジワくる感じが良い!

約2年前

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783E9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e061ececf a88a 4645 acd6 4dca1be4cf99 11