51utvy7oqgl

コメント

いまから3000年前、ギリシャや中東など地中海沿岸では複雑に入り組んだ国際関係が出来上がっていたのが、海の民と呼ばれる侵入者によって突然の終焉を迎えるのがタイトルになっている紀元前1177年。しかし海の民とはなんだったのかは未だ明らかでなく、より複合的な原因があったことを論ずる著者による綿密な調査研究が圧巻。
エジプトにヒッタイト、ミタンニ、ミュケナイ、バビロニアなど多数の国が交易や戦争などを通じて現代に通じるような国際関係を築いていたことには素直に驚かされた。例えば青銅器に必須の原料である錫が現代の原油のような極めて戦略的な資源となっていて、その需給バランスの崩れが入り組んだ国同士の関係に大きなインパクトを与えていたことなど、まさに歴史は繰り返すんだなと。
また、考古学の研究にも流行り廃りがあるというのもなかなか面白い。

今のギリシャ、トルコ、シリアからパレスチナ辺り、イラン、イラク、エジプト、当時の国名だとミノア・ミュケナイ、ヒッタイト、ミタンニ、カッシート朝バビロニア、エジプトといった辺りは紀元前1300年頃をおそらくピークとしてかなり高度な文明がありグローバル文明としか言いようのない交流と繁栄をしていたのだという。これが紀元前1177年辺りに一気に崩壊し、エジプトを除く国々は滅んでしまいギリシャに改めて文明が興るまでに数百年を要した、そしてこれら文明の消滅は「海の民」による侵略と破壊が原因と言い伝えられているのだという。本作はその滅亡の原因が本当に侵略によるものなのか、を検証しようという試み。前半では滅ぶ前の繁栄が描かれているのだがこれが想像を超えて素晴らしく、沈没船や粘土板に彫られた文書から多くのことが分かっているのだが、当時の大国同士は縁戚や貿易で頻繁にやり取りしあっており貿易の量も銅が10トンとかそういうレベルでやり取りがされていたのだそうだ。文書も大量に発見され解読されており例えばパビロニアの王がエジプトのファラオに「金を贈ってくれたら娘を一人差し上げます」みたいなものまで発見されているのだという。後半ではそれらがいかに滅んでしまったか、の検証が行われるのだがこちらもかなり説得力のある論旨展開がされており興味深かった。かなりの面白さ。図版の類がもっとあるとより良かったと思う。おすすめです。

読者

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622C6d2e74d f9d5 4615 bea6 b8965495a867Icon user placeholderIcon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d39b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 11人

新刊

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

「私はお前を超人にするために、こうしてやってきた」 女子高生アリサの前にニーチェが現れ、哲学のいろはを叩き込んでいく。その後もキルケゴール、ショーペンハウアー、サルトル等様々な哲学者達の話を聞きながら、アリサは自分の生き方、考え方を模索していく・・・という話。 無茶苦茶な設定ではあるが、非常に面白く、何よりわかりやすい。哲学書で読んだらちょっと苦労しそうな言葉も、高校生でもわかるレベルに落とし込んで説明してくれており、自分のような哲学初心者でも哲学の面白さを感じることができた。 以下、自分なりの名言集。 ニーチェ 「超人というのは、ひと言でいうと、永劫回帰を受け入れ、新しい価値を創造出来るものだ」 「打ち勝つための道と方法はあまたある。それはお前が見つけなければならないのだ」 キルケゴール 「情熱をもって生きないと、自分の世界は妬みに支配されてしまう」 「人生は後ろを向くことでしか理解できないが、前にしか進めない」 ショーペンハウアー 「運命がトランプのカードをシャッフルし、我々が勝負する」 サルトル 「実存は本質に先立つ」 「人は自由に呪われている」 「他人には到達しえない」 ハイデガー 「死をもって生を見つめた場合に、人は代わりがきかない存在である」 「本来的な生き方とは、いつか自分に訪れる死を覚悟し、自分にしかできない自分自身の人生を生きるということです」 ヤスパース 「真理は二人から始まる」

約2時間前

Cf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf6Icon user placeholder85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531

Yoshi Yasumoto

本を読むこと、勉強する事に逃げて…

ファイナンスはわかったようで、未だにわからないと思うスキル。実務で使うことが少ないからなのか。 考え方はすごく同意。でも、自分はまだまだPL脳だ。 特別付録の「これだけは押さえておきたい!会計とファイナンスの基礎とポイント」はとてもわかりやすいと思います。

約4時間前

こうやって、考える。

こうやって、考える。

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

2018/08/18読了 イラストに惹かれて読んだので、本の内容は全く知らなかったが、 著作の抜粋だったのね。 もとの本を読んでいないが、カテゴリごとに分けられていて分かりやすい。 特に5章はなるほどなと思うこと多かった。 しかし、「愛読書はつくらない」と「何度も読める本を見つける」が出てきたときはどうしたらいいのかなと思った。 出典の本もそれぞれ読んでみたい。

約20時間前

E2aebc2e b8b1 4f14 ab0e 2ddc36a68c2e68e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13cE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400 8
南の風

南の風

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

2018/08/18読了 獅子文六作品初めて読んだ。 他の作品も読もう。 戦前のまだ豊かな時代の話。 六郎太は最後までボンボンだなって感じ。 瑞枝も、いいんだ…。二人のやりとりは好きだったけど、コロッとあっさりいきましたね。 重助が一番大変だなあ。

約21時間前