Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41paj5we2gl

日本の1970年代を代表する住宅建築が、97年、姿を消した。この建築を設計者とともにつくりあげた母とそこに育った娘たちが20年の日々とその帰趨を、それぞれ... 続き

コメント

一冊の本になるような作品ってすごいですね。しかも、そのユーザのインタビューで構成された本。

東京国立近代美術館にて開催中の「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」を見て改めて「中野本町の家」に惹かれることを再認識。
帰宅して本棚から掘り出しここ1週間通勤時に読んだ。
新宿にほど近い中野本町に70年代日本の住宅建築を代表する馬蹄形のチューブ状空間が生まれた。設計は伊東豊雄、施主は実の姉である後藤暢子。この住宅は1997年にわずか20年の歳月で姿を消すこととなった。本書はこの住宅を作り上げた母とその娘、そして設計者がそれぞれの視点から「中野本町の家」を語っている。
「中野本町の家」に惹かれる理由はチューブ状空間の無機的な質感や差し込む光の具合、中庭の外部と内部のねじれなど数多くあるのだが再読して、静かな力強さというか建築の持つ暴力性もしくは業のようなものあるのかなと気付く。この住宅は後藤暢子が30代後半の時、まだ40歳である夫を失ってから直後に建てられている。
「先程、建築が住み手に働きかけてくる力がとても強くて、と申しましたけれど、実際、建物が絶えず私を、それを建てた時の状態に引き戻すのです。けれども、今も言ったように、わたくし自身は新築当時の闇をくぐり抜けて、生活も仕事も少しづつ明るい方向へと展開していく・・・そうすると毎日そこで暮らしている建物だけが、わたくしの過去であって、わたくし自身は20年前とはちがった積極性をもって、今現在を生きている。それはやはり住宅建築がクライアントの心理的、精神的な面を強く、また繊細に、表現できるものだなという驚きを生むと同時に、自分はもうこの家は住み終えた、ここから出て行きたい、という切実な思いともなって、ついにひとつの決断をくだすに至った、というのが今の状態です。」P40

読者

9727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbb6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165dPictureD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869 5人

科学

物理2600年の歴史を変えた51のスケッチ

物理2600年の歴史を変えた51のスケッチ

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

美しいスケッチはなべて法則性を持つ、という仮説をもってきた。そこにうってつけの書籍がありました。文系の自分、理解が及ぶのはガリレオの時代までかーと近現代物理を読み進めるも「近現代物理スケッチで表現するの難しい」だそうです。解説には物理学者は紙ナプキンに数式やスケッチを書く、というのは紙ナプキンを探してはメモ取ってる自分にも共通点があるのでもう俺も物理の学徒ってことでいいでしょ?

7日前