51l3fbaxokl

41歳で脳梗塞になった後、僕は僕じゃなくなった!? 夜泣きにガン見、小銭が数えられず、電話も会話もできない……リハビリ後に悩まされた思いもよらぬ困難と、そ... 続き

コメント

当事者である自分の分析がすごい。いろいろ参考になると思います。

読者

E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23a

鈴木大介の本

脳が壊れた

脳が壊れた

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

脳梗塞で倒れ、一命はとりとめたもののさまざまな機能障害を発症、その後も後遺症に悩まされつつ厳しいリハビリに耐え、現在もライターとして活躍している筆者が描く病前病中病後のリアル。 本書を読んでいると、病気をしたことがまったく取り返しのつかない不幸なことだとは思えない。 むしろ人生は短く、その時々に起こった出来事を「いいこと」「悪いこと」に簡単に仕分けしてしまうのはもったいないことなんだと気づかされる。 闘病記録だと思って本書を読んでいたけれど、そうじゃない。 これは一人の人間が脳梗塞をきっかけに自分の身体について考え、生き方について考えた結果、「脳が変化すれば身体が変化し、そして考え方が変わり、やがて人との関係が変わり、生き方が変わっていく」ということを記録した貴重な本だったのだ。

1年前

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23aIcon user placeholder