51zmvvl4mel

技術的負債・経営との不和。プロジェクトの理不尽。上がらない生産性。そのすべての正体は不確実性の扱い方の失敗にあった。「コミュニケーションにおける不確実性を... 続き

コメント

エンジニアリングとは何か、という個人に属する問いから、メンター・メンティー、開発チーム、技術組織、と徐々に関わる人数の大きいテーマを扱っていく章構成が素晴らしい。通読すると自分が今どのフェーズにいるのかに依らず体系的にエンジニアリング組織を理解できる。
不確実性の削減としてのエンジニアリング、他者の行動変化を促すメンタリング、複数人チームでのアジャイル開発、技術組織の構成の影響を受けるシステムと技術的負債、などなど。エンジニアを続けていく上で向き合うことになる課題を先んじて知ることが出来る良書。

読者

8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de6ff329f9 13e0 4dee 836a a5ef20a1de8d2a39216d 6f0d 48fa 87bf afdf0adad5a9A8188f4b 7bb3 4e50 aa64 1c0fa835cfae943447b6 8534 4705 b5ca 5a4fd5a232121e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55Ee4d3c51 68b8 4124 a257 780956f70e37028d77ed a285 4e4c bec1 758e36993306 8人

テクノロジー

人月の神話

人月の神話

C65c5a9d 7736 4260 8804 10f826cbcf69

Zas

プロフィール

プロジェクトマネジメントの古典。言語の話とかホストの話とか技術の話は古いが、考え方や解決策などと現在の手法を紐付けて考えると結局今も昔も同じことを考えていたことがわかる。改めて現在の解決策と比較しながら読んでいくことで気づきが得られるかもしれない。

10日前